2007年03月18日

オーストラリアGPファイナル

australia.bmp
(f1Racing-Live.com)

「フェラーリ ライコネン」優勝!
おととしの日本GP以来の優勝らしいです。
喜びもひとしおでしょう。

日本勢では
「スーパーアグリ 佐藤琢磨」12位はご立派!
ここでまた順位のお知らせをしてもつまらないので、私なりの意見を書きたいと思います。

例えば、ホンダ ジェンソン・バトンがピットレーンスピード違反でピットレーンのドライブスルーペナルティーがありました。
ピットレーンはスタッフなどが歩いていて危険なので、時速80kmと制限速度が決められています。そこのスピード違反をしたという事で、ピットレーンを走りぬける(結局80km/hという遅さで)罰則を受けました。これがなければ15位よりもっと良い成績を収められたのでは・・・。

元々ホンダはこのコースはブレーキに負担がかかるコースなので苦手と言っていました。ブレーキを踏んだ時の安定性が悪いそうなのです。それで11位と15位はまあまあだったかも・・・。
(アルバートパークはストップ&ゴーと言われ、直線を走ってはブレーキを踏むというコースでブレーキが壊れやすいのです。)

トヨタの8,9位で一応ポイントというのは、もう少し期待していただけにちょっと残念でしたね。トゥルーリがフォーメーションラップのスタートで白煙を上げた時はヒヤリとしましたが、何もなくよかったです。トヨタはホンダのようにまだまだ次の車をマレーシアに出して来ますというのもないのに、この成績では、今シーズンこのまま行ってしまいそうな気がします。頑張って下さい!

スーパーアグリは上出来だと思いました。2台完走はおろか、ホンダに追いついて行けているというのがすばらしいです。この結果を去年、誰が予想できたでしょうか。このまま、頑張ってほしいです。

最後にフェラーリファンとしてはフェラーリを・・・。
まず、速くて勝ったというのが、すごいところだと思いました。マッサも6位ではありましたが、最後尾スタートを考えれば、そしてワンストップという賭けをやっての結果ですから、良かったと思います。

最後に今日、僕も知ったのですが、今年からタイヤを1グランプリ決勝内で2種類使用しなければならないというレギュレーション(規則)改訂があったのですね。意図がよくわかりませんが、
マッサのようにワンストップを選択した時はタイヤのタレ(タレると、タイヤ表面が泡だって走りづらくなる)がどのくらいの週回数で来るのかわからないので、賭けになりますね。
まあ、それでレースをおもしろくさせようとしているのかもしれません。

takuma.jpg
(トーチュウF1EXPRESS)
次回はマレーシアグランプリです。4/8決勝です。
posted by ティフォジ at 16:48| F1第1戦 オーストラリア グランプリ 3/18 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。