2007年04月13日

ホンダのECO

今日からバーレイングランプリが始まりました。
今日発売の「F1速報。パドック裏話」に面白い記事が載っていました。

ホンダが打出した”地球を救おう”キャンペーンは、広告収入を犠牲にしても環境保護の大切さを訴えようという実に天晴れな取り組みだが、この新路線に同情票が集まっている。 (略) 緑の地球をあしらったホンダF1マシンのカラースキームはそうした現実をアピールするひとつのメタファーでもあるのだそうだ。車体に描かれた地図をよく見ると、南北両極およびニュージーランドが抜けていることがわかるはず。これには、極寒の氷が溶け上昇した海面の下に沈んだ、という意味が込められていると皮肉る声も…。

一見何気ない記事だが、結局は今ホンダが予選落ちが多く、省エネになっている。
スーパーアグリに貸し出すエンジン”再利用”も型落ちを使っている。
と、皮肉られているのだ。

成績のよくないホンダがサーキットを走らない(走れない)のは省エネ(故意)ではなく、残念ながら実力なのだ。

本当にニュージーランドが海の底に行かないように走っていないわけではない!
こんな事を書かれないように頑張らねばなりません!

hondasepang.jpg
(f1-live.com)
posted by ティフォジ at 00:00| ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。