2007年04月14日

バーレーングランプリ 予選

バーレーンGPはフェラーリのフェリペ・マッサがポールポジションを取りました。
ブリジストンにとっては100回目のポールポジションでした。

BSlive.jpg
(f1-live.com)

この予選。出走22台中19台が1.6秒以内にいるという大接戦でした。
上位の成績は
@MAS 1'33"652 フェラーリ
AHAM +00"283 マクラーレン
BRAI +00"479 フェラーリ
CALO +00"540 マクラーレン
DHEI +00"752 BMW
・・・・・・・ここで少し開いて・・・・・・・・
EKUB +01"058 BMW

E位クビカの次のフィジケラ(ルノー)は+01"404ですから、少し離れています。

完全にフェラーリとマクラーレンの対決にプラスアルファとしてBMWがいるという構図になっています。

チームの作戦でライコネン(フェラーリ)とアロンソ(マクラーレン)はオイルを積んでいるのではないかと考えられます。

そうなると、明日はマッサ(フェラーリ)とハミルトン(マクラーレン)の第1コーナーでの1位取り争いが注目されます。

予選後のTOP3インタビューでは、
マッサ「車が良いとわかっていて前回駄目だったので今度こそやる。」
ハミルトン「1stコーナーがタイトだけど明日が楽しみ。」
ライコネン「今日はトラフィックにひっかかったのにTOP3(に入れたの)は十分な結果だった。」
と、それぞれ言っていました。

当初、ブリジストンワンメイクになればフェラーリ絶対有利と言われていたのに、マレーシアでは駄目でした。
今回はフェラーリの巻き返しを期待し、そうなれば面白い試合展開が見られるというものです。

最初に書いたように、中盤、下位も熾烈な争いを見せています。
スーパーアグリは今回も調子が良く、前回までの佐藤に変わって、今度はデビッドソンがQ3まであと0.017秒足りないという調子よさでした。
スーパーアグリもQ2でビビっていないで、そろそろQ3に入る作戦を立てた方が良いのではないでしょうか?

ストレート比率56%、1km以上のストレートがあるバーレーンインターナショナルサーキット。
抜きどころもあるので、面白い決勝になりそうです。




posted by ティフォジ at 00:00| F1第3戦 バ−レーン グランプリ 4/15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。