2007年06月10日

カナダGP公式予選

F1シーズンも6月に入りました。
日本は梅雨の季節でジメジメした嫌な季節ではありますが、世界は広いです。
カナダGP予選のジル・ビルヌーブサーキットは快晴でした。

ジル・ビルヌーブ・サーキットは、公園ですので、いたるところで野外フリーコンサートが行われています。
ジル・ビルヌーブの奥さんジョアンナさんがいました。
(当然ですが、ジャック・ビルヌーブのお母さんになります。)

今年もサーキットは8箇所もの改装を行いました。
昨年は「改装箇所の路面がボコボコになった」などのクレームが多かったようですが、今年は概ね評判が良いようです。

今日の午前中に行われました、フリープラクティスの3回目。
ルノーのコバライネンがコース上にオイルを撒き散らしてしまい長時間もセッションが中断してしまいました。

残り時間のない中、全員が予選仕様で、全速力ソフトタイヤ出走しました。

そんな中、スーパーアグリの活躍が見られました。
佐藤琢磨が何と5位!デビッドソン10位の両者ベストテン入りを果たしました!公式予選に期待がかかります。

路面状況悪い中Q1が始まりました。2ラップできるのか、連続走行で、走りきるのかでチームの明暗が分かれました。

Q1残り9分で、またコバライネン(ルノー)が第1シケインでクラッシュしてしまいました。
これによりレッドフラッグが出ました。

ルノーはこれがなくとも予選前に、エンジン交換をしていたので、最後尾スタートになってしまっていました。
BMWの背中がやっと見えて来ていたのに残念なルノーです。

Q1の結果は
1位キミ・ライコネン
2位フェルナンド・アロンソ
3位ルイス・ハミルトン
4位フェリペ・マッサ
・・・・・・・・・・・・・
14位佐藤琢磨
15位ジェンソン・バトン
が、Q2進出
・・・・・・・・・・・・・・
17位アンソニー・デビッドソンが残念ながらQ1で脱落!
18位ラルフ・シューマッハが、2戦連続Q1で脱落。

Q2では、おしくも佐藤琢磨が11位で脱落してしまい、Q3進出の期待は決勝へと持ち越されました。

フェラーリが先端口を空けたノーズコーンを持ち込んで来ました。
パワステ冷やしの為らしいですが、効果の程は??らしいです。

Q3に入ると、各チームの戦略がタイムに現れます。
トップとラストのタイム差が約2秒も開きました。
というより、ルイス(マクラーレン)の異常な速さが目立ったと、言うべきでしょうか。

それと最後にハイドフェルドが飛び込んで来ました。
BMWの最近の強さに風が吹いて来たといえるのではないでしょうか。

ハイドフェルドは「ウチのマシンはハイスピードサーキットに強いから、明日は楽しみだよ。」と、コメントしていました。

我らがフェラーリが予選トップ3会見に出られらなかったのは、昨年の中国GP以来、8レースぶり、今季初めての事です。
ちょっと暗雲立ち込めるレースとなりそうです。

予選タイム結果
1位ハミルトン(マクラーレン)1'15"707
2位アロンソ(マクラーレン)1'16"163
3位ハイドフェルド(BMW)1'16"266
4位ライコネン(フェラーリ)1'16"411
5位マッサ(フェラーリ)1'16"570
6位ウェーバー(レッドブル)1'16"913
7位ロズベルグ(ウィリアムズ)1'16"919
8位クビカ(BMW)1'16"993
9位フィジケラ(ルノー)1'17"229
10位トゥルーリ(トヨタ)1'17"747
------------------------------------------
11位佐藤琢磨(スーパーアグリ)
12位リウッツィ(トロロッソ)
13位バリチェロ(ホンダ)
14位クルサード(レッドブル)
15位バトン(ホンダ)
16位スピード(トロロッソ)
------------------------------------------
17位デビッドソン(スーパーアグリ)
18位シューマッハ(トヨタ)
19位コバライネン(ルノー)
(最後尾スタート)
20位ブルツ(ウィリアムズ)
21位スーティル(スパイカー)
22位アルバース(スパイカー)
(ピットスタート)

明日の決勝は久々のハイスピードレースです。
このところ整然としていたレースも荒れる可能性があります。

常勝と言って良いマクラーレンがどんな戦略で、どんなレースを見せてくれるのか楽しみです。

我らがフェラーリはとにかくマクラーレンについて行くレースになりそうです。それでも、確実にポイントを挙げて行くのは大事な事です。

日本勢はトヨタのトゥルーリが10位で一番ですが、フォローであるはずのラルフが後方に沈んでいるので、かえって、ホンダ勢の方が期待できるかもしれません。

北米2連戦はいつも波乱が起こります。
結果、佐藤琢磨表彰台もありました。

波乱はフェラーリにとっては嬉しくありませんが、今回の予選結果をみると、波乱が起こって欲しい方に入ってしまいました。

日本勢もひと波乱起こって欲しい方に入っています。
風雨や気温、他チームの脱落というのは、何か正々堂々としていませんが、琢磨の表彰台は自ら掴み取った3位でした。

あんな、波乱が起きて欲しいです。
フェラーリF2007が、突然ストレートスピードで、他を圧倒するような事が望ましいです。

そんな、波乱を期待するティフォジなのでした。
posted by ティフォジ at 00:00| F1第6戦 カナダ グランプリ 6/10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。