2007年10月07日

中国GP公式予選

台風15号が来ます!こんな事は私の記憶ではありません。
スタートしないのでしょうか?
また、セフティーカースタートで20周もするのでしょうか?
はたまた、ウォータースクリーンの中、スタンディングスタートをやるのでしょうか?
チャンピオンシップ決定がかかっているだけに、明日のスタートが楽しみです。

富士で1/3がSCだったのには賛否両論あったそうです。

明日が信じられないくらい、晴天の公式予選が始まりました
Q1
気温30℃、路面温度46℃、湿度62%、ドライ、台風の影響でかなり強い風が吹いています。

明日は確実に雨が降り、暴風雨の中での決勝レースとなることがほぼ確定しています。そんななか、各チームはセッティング、タイヤ使用状況をどのようにしてくるかが注目です。

富士SWのようにSCスタートになったら1stスティントを長くしておきたい。みんなバックストレートエンドのトラップの時速が300km程度という事はダウンフォースをつけ気味なのでしょう。

Massa1006GP.jpg
GPupdate"Massa"

フリー走行3回目ではライコネンが、ハイドロリック系のトラブルでランオフエリアにクルマを止めました。金曜日調子が良かっただけに残念です。エンジン交換という情報はありません。ライコネンはQ1一番に飛び出しチェックランを行って
いました。

公式予選Q1の結果は、1位ライコネン、2位マッサ、3位ハミルトン、4位アロンソ、5位クビサ、6位ハイドフェルド、7位クルサード、8位ベッテル、9位リウッツィ、10位バトン、11位シューマッハ、12位ロズベルグ、13位ウェバー、14位デビッドソン、15位トゥルーリ、16位コバライネン。

Q1ノックアウト者とタイム
17位ロズベルグ(ウィリアムズ)1'37"483
18位フィジケラ(ルノー)1'37"290
19位ブルツ(ウィリアムズ)1'37"456
20位佐藤琢磨(スーパーアグリ)1'38"218
21位スーティル(スパイカー)1'38"668
22位山本左近(スパイカー)1'39"336

Q2
セッション開始直前のコンディションは、気温30℃、路面温度43℃、湿度64%です。

Q2の結果は1位ライコネン、2位マッサ、3位アロンソ、4位ハミルトン、5位クビサ、6位ハイドフェルド、7位クルサード、8位ウェーバー、9位シューマッハ、10位バトン。

Q2ノックアウト者とタイム
11位リゥツィ(トロロッソ)1'36"862
12位ベッテル(トロロッソ)1'36"891
13位トゥルーリ(トヨタ)1'36"959
14位コバライネン(ルノー)1'36"991
15位デビッドソン(スーパーアグリ)1'37"247
16位バリチェロ(ホンダ)1'37"251

バトンがQ3に残りました。

シューマッハが残りました。一方でトゥルーリがノックアウト。トゥルーリは「無茶苦茶アンダーが出ている」とコメントしているのに対してラルフは「いい感じ」と言っています。

富士のポディウムに上がった、コバライネンもノックアウト。

いよいよ3〜4mの風が吹く中、Q3が開始されました。
セッション開始直前のコンディションは、気温30℃、路面温度44℃、湿度64%です。

ピットレーンにはハミルトン、アロンソ、ライコネンのチャンピオン争いをしている3人が並んで飛び出して行きました。

フェラーリ陣営はライコネンをチャンピオンにしようとしています。マッサは「ライコネンのサポートに回る」と言っていたそうです。ライコネンが優勝してもマッサが2位にならないと意味がないからです。

ハミルトンは明日、先頭を走る必要はありませんから、2列目くらいから事故さえしなければいいのです。燃料を多く積んでコンサバな走りに徹すればいいのです。見てるほうはつまんないですけれどね。

逆にアロンソはギャンブルに出ないといけません。少し軽くしてポールポジション狙いで来るかもしれません。

マッサの位置が注目です。フューエルエフェクトが大きいので、マッサは積んでいないかもしれません。

公式予選結果
1位ハミルトン(マクラーレン)1'35"908
2位ライコネン(フェラーリ)1'36"044
3位マッサ(フェラーリ)1'36"221
4位アロンソ(マクラーレン)1'36"576
5位クルサ−ド(レッドブル)1'37"619
6位シューマッハ(トヨタ)1'38"013
7位ウェバー(レッドブル)1'38"153
8位ハイドフェルド(BMW)1'38"455
9位クビサ(BMW)1'38"472
10位バトン(ホンダ)1'39"285

qualify1006GP.jpg
GPupdate

フェラーリは普通でしたが、アロンソのセクタータイムが第1、3は普通でしたが、第2セクターが異常に遅かったそうです。何か考えているかもしれません。もしかしたら単にミスしただけなのかもしれませんが・・・。

トップ3の直後のインタビューです。
ハミルトン
「今週末はローラーコースターみたいだった。ペナルティーがかかると言われたが、結局剥奪はないと言われた。初めての上海でアロンソより悪いかと思った。フェラーリとは、コーナーだと遅いが、トータルのラップだとマクラーレンが速かった。最後のギリギリでポールポジションが取れたが、それまではうまく安定しなかった。雨が降っても富士の経験があるので大丈夫。いつもどおりに走れば大事な日(ワールドチャンピオン)になる」

ライコネン
「ハイドローリックの不具合は今朝出たけれど、レースには自信がある。明日の雨?富士でもそうだったから大丈夫」

マッサ
「ストラテジーを考えて、フロントローになりたかったが、ラップがまとまらなかった。でもトップ3で良かった。明日は雨でもドライでも変わらない。タイヤのフィーリングが、1回目はうまく行ったが、最後はうまく行かなかった」

hamilton1006F1.jpg
GPupdate"Hamilton"

明日は天候次第でしょうが、通常のレースだったら、ハミルトンが勝ってチャンピオンになるのか、違う形でチャンピオンを決めるのかが注目ですよね。

どうせ決めるなら中途半端ではなく勝ってチャンピオンを決めてほしいですよね。

それでも、一縷の望みを残している、フェラーリ頑張れ!!!!!
posted by ティフォジ at 09:39| F1第16戦 中国 グランプリ 10/7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。