2007年10月11日

ブルツ 引退!

10シーズンを過ごしたブルツは69回のグランプリに出走し、最近に獲得した表彰台はF1デビューを果たしたモントリオールでの3位でした。

9日、33歳のブルツは自身の引退について次のように語りました。

wurz1009GP.jpg
GPupdate"Wurz"

「今日はF1レースからの引退について発表したいと思う。家族やファン、ウィリアムズチームのみんな、元のチームのみんな、そしてメディアにも、F1キャリアを通して僕をサポートしてくれたことを感謝したい。F1のような厳しい戦いの環境で、自分がやっていることに不安を感じたらその時が辞める時だと常に考えていたんだ。内心では今年の初めからそのような考えを持ち始め、決断を下した今が発表する時なんだ」

一方でウィリアムズはブルツを賞賛しました。
「アレックスは、この2年間でチームに計り知れない貢献をしてくれた。最初は今までにチームが働いてきた中でも最高の開発ドライバーとして、最近ではレースドライバーとしてね」

と、フランクは語っています。
「今シーズンのアレックスは難しい状況の中で力強いドライブをしてくれた。私たちは彼の貢献に心から感謝したい」

「アレックスは有名で人気があり、F1の中でも紳士的な人物として広く知られている。アレックスと家族に素晴らしい将来が訪れることをパドックの全員に伝えたいよ」

williams1009GP.jpg
GPupdate"Williams"

と、惜しみない賞賛の辞をフランク・ウィリアムズは語りました。彼が経験した難しいシーズンの中でも特に今季は厳しいものだったと、言えるでしょう。

そんな中でブルツは結果を残し、チームに貢献してくれた事を言っているのだと思われます。

この掲載記事でもアロンソ、ラルフは来季同じチームにいない事を表明しています。

この他にも引退はしないまでも(一部はするかも)バリチェロ、クビサ、クルサード、ロズベルグ、リウッツィ、スピード、スーティル、山本左近、デビッドソンと、アロンソのお陰(!?)で、滅茶苦茶になっているというのが本当のところです。

逆に言えばストーブリーグが面白くなったと言えるでしょう。私も刻々と、お知らせしたいと思いますのでよろしくお願いします!

変わらないのはフェラーリだけか?
posted by ティフォジ at 12:38| F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。