2007年10月18日

ロズベルグが世界一から25億円!

昨日に引き続きウィリアムズネタであり、U世ドライバーネタになります。

ドイツ紙「ヴェルト・アム・ゾンターク」紙は、世界の巨人トヨタが2008年にヤルノ・トゥルーリのチームメイトとして契約するのは従来報道されてきた2007年GP2チャンピオンのティモ・グロックではないようだと報じました。

同紙は先週末、GP2チャンピオンのグロックはトヨタのシート争いに絡んでいることは間違いないが、トヨタは別のドイツ人若手ドライバーに興味を持っているようです。

NicoRosberg1018f1.bmp
F1-Live.com"Nico Rosberg"

同紙によれば、そのドライバーとは22歳のニコ・ロズベルグの事を指しているようです。現在のウィリアムズにエンジンを供給しているのはトヨタであるということもあり、トヨタは2,100万ドル(約25億円)を用意して2008年のトヨタシートをオファーしているようです。

トヨタは今季限りでトゥルーリのチームメイトであった、ラルフ・シューマッハが引退を表明している事を受けて、来季のドライバーズシートを模索している最中だからです。

しかしロズベルグはイギリス・グローヴにファクトリーを構えるウィリアムズとは2008年いっぱいの契約をすでに終えており、ウィリアムズの代表であるフランク・ウィリアムズも数週間前に「ニコを売りになんて出さない」と断言したばかりです。

ロズベルグはシューマッハと同様、ドイツ人若手の星のドライバーであり、同紙は少々先走った報道をしたように思われます。

ロズベルグはアロンソで穴の空いたマクラーレンからもオファーがあった噂もあるようです。

Williams2007GP.jpg
GPupdate"Williams & Rosberg"

しかしながら、ウィリアムズはブルツの引退が決定しており、来季に両ドライバー共にチームとしての新人ではやりずらいでしょう。

それから考えますと、この古豪チームがいくら世界一の企業を相手取ってもロズベルグを手放すというこのオファーは絶対に阻止して来ると思われます。
posted by ティフォジ at 00:00| F1第17戦 ブラジル グランプリ 10/21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。