2007年10月24日

ブラジルGPの視聴率はどうだった?

今年のブラジルGP決勝は、三つ巴のタイトル争いが展開されたので、テレビ視聴率も好調だったようです。

イギリスのルイス・ハミルトン(マクラーレン)はタイトルを獲得することができなかったものの、イギリス全土で約1千万人もの視聴者がテレビ中継で今シーズン最終戦を観戦し彼を応援しました。これは日曜日のその時間帯における視聴率としては、なんと49.8%に及ぶそうです。

一方のタイトル獲得の夢を断たれたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の方ですが、このレースはスペインで中継されたF1グランプリ史上、2番目に多くの視聴率だったそうです。

スペインの放送局は、ブラジルGPの中継で、61.4%という驚異的な視聴率を記録し、ピーク時にはスペインの人口4千万人の1/4以上の約1千万人がアロンソを応援していたそうです。

AllStars1021GP.jpg
GPupdate"All Stars"

ちなみに昨年の最終戦ではアロンソがミハエル・シューマッハ(フェラーリ)を破り2年連続のタイトルを獲得しましたが、その時の視聴者数は約23万人だったそうです。

またドイツでは、インテルラゴスでの最終戦の視聴者数はやはり1千1百万人にもなったそうです。視聴率で言うと、39.8%ということになります。さらにキミ・ライコネンがチェッカーフラッグを受けてタイトルを決めた後、さらに180万人もの視聴者がチャンネルを合わせたそうです。

しかしこれは、シューマッハの引退レースとなった昨年の最終戦ブラジルGPと比べると、1百万人以上も視聴者数が減少したことになるのだそうです。

やはり、日本の視聴率に比較すると格段の違いがあります。ヨーロッパでの(今年は特にイギリス、スペイン)視聴率は、驚くべき数字です。

これを見ると日本はモータースポーツ後進国と言われてしまっても致し方ないということは否めません。これで、年2回開催とはおこがましいにもほどがあると言っても過言でありません。

ヨーロッパのモータースポーツの歴史には伝統と格式があります。それが、この視聴率にも現れているのではないでしょうか?

この記事はF1ファンにとって嬉しいような、日本人にとっては少々悔しい数値データですね。日本のファンも頑張って裾野を広げていきましょう!
posted by ティフォジ at 00:00| F1第17戦 ブラジル グランプリ 10/21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。