2007年04月08日

マレーシアGP ファイナル

マレーシアGP決勝はマクラーレンメルセデスのフェルナンド・アロンソが優勝して終わりました。

予選終了時にテレビ解説の熊倉さん曰く
「今日の予選を見るとまだフェラーリに軍配がある。今日はむしろマクラーレンがよくやったと見るべきでしょう。明日はどこでソフトタイヤを突っ込んで来るのが決め手となるでしょう。」
と、言っておられました。

私はフェラーリの楽勝と思って、テレビを見始めました。
ところがスタートから1コーナーで、マクラーレンの2台が1、2になってしまいました。
それでも、私はすぐに逆転すると思って見ていると、フェラーリのフェリペ・マッサが、3位から一向に抜けない。どころか、ついに自爆してコースアウト、5位に転落しました。

いままでのフェラーリならば「赤い皇帝」がバックミラーに写るとルーキーは萎縮してミスを犯したものが、逆になってしまいました。

それから、フェラーリは第二スティントなど最悪のラップを刻み、最後の5周くらいをキミ・ライコネンがルイス・ハミルトンを0.5秒ずつくらい追い詰めましたが、結局、追いつかずに終わりました。

@アロンソAハミルトンBライコネンDマッサ

レース終了後のインタビューで、ライコネンは、
「これ以上の結果はなかった。2nd、3rdスティントも良くなかった。ポイント獲得が重要だった。」
と、言っていました。

一方、優勝したアロンソは、
「予選のポールタイムからしたらマッサのペースについて行くのは難しいと思っていた。(車の)ポテンシャルは確認できたので、次も大丈夫。」
と、自信満々で言っていました。

マクラーレンは2週間で完全にフェラーリに追いつき、追い抜いていました。
マクラーレンのロン・デニスは「毎レース0.5秒ずつ速くして行く。」と、言っており、次のバーレーンでは、フェラーリも車を速く開発しておかないと差が付いてしまいます。
しかし、ルーキーのハミルトンは恐るべしです。
頑張れ!フェラーリ!

malaysian.jpg
(GPupdate)


ところで、予選で看たホンダですが、
JバリチェロKバトンL佐藤Oデビッドソン
という結果でした。
バリチェロはピットスタートでした。

18周目くらいの頃ホンダ勢は、
MバリチェロOバトンQ佐藤Rデビッドソン
から考えると少し向上しました。

しかし、むむっ。。。微妙なリザルトですね。
これも応援しましょう。

頑張れ!ホンダ勢!
posted by ティフォジ at 00:00| F1第2戦 マレーシア グランプリ 4/8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。