2007年04月27日

バイオガソリンスタート

今日4月27日から、バイオガソリンなるものが試験販売を始めました。
”バイオガソリン”???という方もいらっしゃると思いますので、少々説明します。

バイオガソリンとは、”バイオエタノール”と”イソブテン”を合成した”バイオETBE”というものを従来のレギュラーガソリンと配合した物の事です。

ますます、わからなくなったと思います。
バイオエタノールとは、とうもろこし、さとうきび、草木など植物生まれのアルコールと思って下さい。
イソブテンとは、ガソリンとは違う石油系の物質と思って下さい。
このふたつを併せると”バイオETBE”という物質が出来ます。

それだけじゃ自動車が動かないし、今までと同じ取り扱いが(法律で)出来ないので、従来のレギュラーガソリンと混ぜて使うのです。
これが”バイオガソリン”です。

bioetbe.gif
(石油連盟)


じゃあ、何でその”バイオガソリン”を使う必要があるのか?と申しますと、皆さん「京都議定書」という言葉を聞いた事があると思います。
「地球温暖化」という言葉といっしょによく聞く言葉ですよね?
「京都議定書」とは、1997年に締結された国際条約で、2008〜2012年の間に1990年との対比で「温室効果ガス」の排出量を6%削減しましょうと約束を日本がしたものです。

この「京都議定書」に則り、石油業界も地球にやさしいガソリンを作って行こうとして、販売し始めたのがこの”バイオガソリン”な訳です。

それじゃあ何故、いっその事全部アルコールのガソリン(すでにガソリンとは呼べませんが)にしないのか?と申しますと、全部アルコールのガソリンを一般に「高濃度アルコール含有燃料」と言います。(アルコールやエーテル類が50%以上含有しているものをこう呼びます。)
これはかえって危険で、資源エネルギー庁も取り扱ってはダメと言っています。

「危 高濃度アルコール含有燃料はクルマの安全にNO! 環境にNO!」
 http://www.enecho.meti.go.jp/topics/nennryouhp/index.html

経済産業省は今回のバイオガソリンを、ガソリンへのアルコール等の混入許容値は、
「エタノールは混合率3%まで、その他含酸素化合物は含酸素率1.3%まで」
と定められたそうです。
この含有量ならば、安心して普通のレギュラーガソリンと同様の取り扱いができるという訳です。

今後、どんどんこのバイオガソリンになって行くのかどうかですが、石油連盟が、発表しているのは次のとおりです。

2007年 試験販売開始=50箇所、1.2万kl
2008年度試験販売拡大=100箇所、1.6万kl
2009年度  導入拡大=1000箇所程度、20万kl
2010年度  本格導入=全国展開、84万kl(バイオエタノール36万klに相当)

以外に、全国展開まで間があるなと感じましたが、バイオガソリンが本当に安全かどうか、一般の人達に使ってもらってみて切り替えて行かないと、危険ですよね。

さて、今日なぜこのF1の記事にこのバイオガソリンを掲載したかと言いますと、F1もいずれはこのバイオガソリンになって行くのではないか?と感じたからです。

ずいぶん以前からモータースポーツは環境破壊を指摘されています。
アメリカのインディレーシングリーグでは既にエタノール燃料による競技を行っております。
植樹などの環境保護活動はF1も行って来ていますが、いずれはエタノール燃料にレギュレーションを変更せざる日がやって来ると思います。
しかし、インディを見る限りでは、特に問題もなく競技は進められているので、心配は無用と思います。

ただ、あのインディで見られる給油中、突然、クルーが「タコ踊り」を始める。
あれだけは、大変、大変危険なのですが、申し訳ありませんが笑ってしまいます。
「タコ踊り」ご存知でしょうか?エタノールは燃えても炎が見えないので、クルーに火が燃え移っても何が起こったのかわからないのです。ですから、炎を振り払おうとするクルーが踊っているようにみえるのです。大概の場合、すぐに水をかけて消火されるのですが、危険な状態である事には違いありません。

私のエタノールのイメージはこのような(程度の)ものです。
バイオガソリンは、ほとんどがガソリンですから、インディのように炎が見えない様な危険はありませんが、いずれはエタノール含有量が増えていくと思います。
それとも、未来はハイブリッドになってゆくのか、燃料電池車になるのか?

F1もあの爆音が消え、シーンとした中でタイヤと路面がグリッドする音、ギアが変わる音だけが、”バリバリッ”と聞こえるレースになるかもしれません。
そうなると、ちょっと寂しい限りですね。
posted by ティフォジ at 17:09| F1マシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。