2007年07月01日

フランスGP公式予選

マニクールサーキットでの公式予選です。
昨年は3回ストップなどもありました。

しかし、今年はピットレーンスピード制限が60km/hになりましたのでどうなるのか、各チームの戦略が楽しみです。
そんな中、予選Q3で積載するオイルの量が面白くなります。

まずはQ1の結果です。
これが本当の実力かもしれません。
トップ集団は
1位ハミルトン(マクラーレン)
2位ライコネン(フェラーリ)
3位マッサ(フェラーリ)
4位アロンソ(マクラーレン)
5位コバライネン(ルノー)
6位ウェバー(レッドブル)
7位シューマッハ(トヨタ)
8位クビサ(BMW)
////////////////////////////////////////////////

17位リウッツィ(トロロッソ)
18位ウルツ(ウィリアムズ)
19位佐藤琢磨(スーパーアグリ)
20位デビッドソン(スーパーアグリ)
21位アルバース(スパイカー)
22位スーティル(スパイカー)

高速シケインなどがあるマニクールサーキット。
ここを攻略できる者こそがマニクールを制するとまで言われます。

予選前にフェラーリの普通自動車でこのサーキットをF1のコースのまま、クリッピングポイントまで寸分たがわず走ったドライバーがいました。

7冠王のミハエル・シューマッハです。
F1ドライバーでもビックリの精密機械(正確な走り)だったそうです。
弟のラルフの方は移籍話が出ているようですが…。

Q2の結果はこうでした。
1位ハミルトン(マクラーレン)
2位マッサ(フェラーリ)
3位ライコネン(フェラーリ)
4位クビサ(BMW)
////////////////////////////////////////////////

11位シューマッハ(トヨタ)
12位バトン(ホンダ)
13位バリチェロ(ホンダ)
14位ウェバー(レッドブル)
15位スピード(トロロッソ)
16位クルサード(レッドブル)

Q3は始まってすぐにマクラーレンのアロンソがピットインしました。エンジントラブルだそうです。
ハミルトンとスタッフの無線でわかりました。
結局、アロンソはコースに出て来ることなくQ3が終ってしまいました。

1位マッサ(フェラーリ)1'15"034
2位ハミルトン(マクラーレン)+0"070
3位ライコネン(フェラーリ)+0"223
4位クビサ(BMW)+0"459
5位フィジケラ(ルノー)+0"640
6位コバライネン(ルノー)+0"792
7位ハイドフェルド(BMW)+0"866
8位トゥルーリ(トヨタ)+0"901
9位ロズベルグ(ウィリアムズ)+1"294
10位アロンソ(マクラーレン)−−−−−

f1live630.jpg
f1-Live.com

直後のインタビューでは、
マッサ(フェラーリ)
「シルバーストーンのテストで(クルマが)良くなった。また、(マクラーレンと)戦える体制が整った。」

ハミルトン(マクラーレン)
「(アロンソの事は)全てパーフェクトはあり得ない。ポールポジションが取れるはずだったが15コーナーで、自分のミス(ブレーキングが遅かった)があった。」

ライコネン(フェラーリ)
「スペインから久々のリカバリーができた。クルマはレースに向けて良くできている。」

最後にマッサは
”今シーズンはポールポジションを取ると優勝ですけど?”
と、聞かれて。
「そのようにしたい。」と、答えていました。

フェラーリファンの私としては何ともフェラーリが出て来た、(=巻き返して来た)事がとても楽しみです。

しかしながら、8番手までが1秒以内に入っているというまたしても不安要因でもあります。

母国グランプリのルノーなどは5、6位と頑張っています。
きっと、ゴーンさんも納得のレースをしないと自分達の明日が、ないのでしょう。

明日はスタートでマッサがハミルトンをどれだけ押さえ込めるかが勝負になるのではないでしょうか?

明日は雨という予報を出しているチームもあり、ウェットレースなどになったら折角巻き返して来たフェラーリのアドバンテージが、なくなってしまいます。

今日はてるてる坊主を作ります。
【関連する記事】
posted by ティフォジ at 00:00| F1第8戦 フランス グランプリ 7/1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。