2007年07月02日

フランスGPファイナル

最後のマニクールサーキットでのフランスGPと言われての開催になりました。

そこでフェラーリは1−2フィニッシュを決めました!
今季初。新コンビ初の結果です。

当日決勝日は、大方の予想どおり雨が降りました。
が・・・降ったのは、午前中でした。

予選では19位だった佐藤琢磨はUSGPの黄旗無視のペナルティーを受けて10番手降格スタート。
つまり、最後尾スタートとなります。

いよいよスタートです。
スタートで、このレースは決まったと、フィニッシュ後のTOP3は口を揃えて言いました。

ポールシッターのマッサが無難に1コーナーを制し、ハミルトンは”いいスタートが切れなかった”と、言っていました。ライコネンが2番手に上がりました。

オープニングラップは波乱があり、リウッツィとスーパーアグリのデビッドソンが、接触してリタイアしてしまいました。

コバライネンとトゥルーリが追突してしまいます。コバライネンはピットイン後復帰できたのですが、トゥルーリはリタイアしてしまいます。

第2スティントに入り始めるとレースが動き出します。

トップは相変わらず、マッサ、ライコネンのフェラーリ1−2体制ですが、ライコネンがマッサに飛びかからんばかりに、接近してきます。

28周目珍しい事故が起きます。アルバースがピットインしたのですが、ロリーポップマンがミスをして給油ホースが付いているのに、GOサインを出します。アルバースは、引きちぎれた給油ホースを引きずったままピット出口まで走行して、リタイアしました。
誰も怪我人が出なかったのが、不幸中の幸いです。

アロンソがハイドフェルドに再三オーバーテイクを仕掛けていましたが、ここ33周目でついに何とハイスピードシケインの出口にて抜きます。5位に浮上します。

第2スティントのハミルトンはスピードが上がりません。
作戦は3ストップのようです。

ホンダがやっと動きます32周目、33周目でバトン、バリチェロと、入って来ます。1ストップ作戦です。

ライコネンはチェッカー直後、スタッフとの無線で、スタートで成功した事、第2スティントのトラフィックのかわし方がレースを決めたよねと、言っていました。


フランスGP決勝結果
1位ライコネン(フェラーリ)1:30'54"200
2位マッサ(フェラーリ)1:30'56"614
3位ハミルトン(マクラーレン)1:31'26"353
4位クビサ(BMW)1:31'35"927
5位ハイドフェルド(BMW)1:31'43"001
6位フィジケラ(ルノー)1:31'46"410
7位アロンソ(マクラーレン)1:31'50"716
8位バトン(ホンダ)1:31'53"085
9位ロズベルグ(ウィリアムズ)1:32'02"705
10位シューマッハ(トヨタ)1LAP
11位バリチェロ(ホンダ)1LAP
12位ウェバー(レッドブル)1LAP
13位クルサード(レッドブル)1LAP
14位ブルツ(ウィリアムズ)1LAP
15位コバライネン(ルノー)1LAP
16位佐藤琢磨(スーパーアグリ)2LAP
17位スーティル(スパイカー)2LAP
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
×スピード(トロロッソ)
×アルバース(スパイカー)
×デビッドソン(スーパーアグリ)
×トゥルーリ(トヨタ)
×リウッツィ(トロロッソ)

f1live0701.jpg
F1-Live.com


トップ3インタビュー
キミ
「ようやくスタートが良くきれた。ちょっとトラフィックもあったけどうまくいった。最初はマッサについていけないかと思ったが、うまく抜けた。第1戦以来厳しい数ヶ月だった。でも、目標目指してクルマを改善してきて結果が出た。」

マッサ
「トラフィックで優勝を逃した。ただ、トラフィックは予測できないから。クルマは良かったのに残念だ。初の1−2でチームとしては良かった。」

ハミルトン
「スタートがあまり良くなかった。キミより最初は速かったのだが、次第に追いつかなくなった。ポイントを取れた事は良かった。次のレースに向けて改善して行きたい。」

最後にシルバーストーンの抱負をライコネンが聞かれました。
キミ
「シルバーストーンは天気がわからない。けれども、クルマは良くなっているので、うまくいくと思う。」

今回のマクラーレンの敗因は素人の私が見るに、ハミルトンはスタートに失敗したと思います。
アロンソはドライビングに安定感がなく、いつものアロンソらしからぬレースだったと思います。

逆にフェラーリはスタートで1−2体制が組めた事が良かったと思いますし、マッサはトラフィックがどうのと言っていましたが、全体的にタイヤの使い方がうまかったのだろうと思います。

それとホンダ初入賞おめでとうございます!
大きな1ポイントですよね。
これは別途特集かな?

母国グランプリのルノーさんはいまひとつの成績でした。
これではゴーンさんは納得しないのではないでしょうか?

伝統のシルバーストーンは、マニクールに似たコースですからタイヤの使い方がポイントになると思います。
またしてもフェラーリ1−2が見られると、コンストラクターズ争いも面白くなるのではないでしょうか?

フェラーリファン念願の1−2フィニッシュでしたが、これからもこうなって行けば、視聴率下がり気味のF1もマクラーレンひとり勝ちでない映像に、視聴率再浮上が望めます。

フォルツァ、フェラーリ!
【関連する記事】
posted by ティフォジ at 00:00| F1第8戦 フランス グランプリ 7/1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。