2007年08月03日

フォーミュラワンのガソリンフォーミュラ

原油価格の高騰を受け、この夏、東京都内では1リットル当たり145円前後の看板を掲げるガソリンスタンドが出てきました。
夏休みの行楽シーズン中の値上げに私達にとっては大打撃です。

これは、日本に留まる話ではありません。
欧米でもガソリンの価格は軒並み値上がりしています。

最近の詳細はわかりませんが、アメリカでは(都市にもよります)ガソリン1ガロンが約3ドル強、これは1リットルが1ドルぐらいになります。
つまり、アメリカでガソリンを買うとリッター120円ぐらいします。
この価格は数年前から見ると約2倍ぐらいに値上がりしているそうです。

さらにイギリスではリッター1ポンド弱ぐらいします。(これも地域によります)
1ポンド=240円強と考えるとアメリカのさらに倍くらいします。
これは、石油コストの問題だけではなく、ガソリンに掛かる税金が違うのもあります。

アメリカでは、以前は水より安いぐらいだったガソリンですから、大量に使っても気にならなかったので、アメリカ人の自動車購入基準に「燃費」という言葉はありませんでした。
ところが最近どんどん値上がりするガソリンに対し、ついにアメリカ人も、「燃費のいいクルマ」を選ぶようになり始めました。
無論、ヨーロッパでも同様の現象が起きています。

日本自動車工業会が7月30日に発表した2007年上期(1〜6月)の国内の自動車生産台数は前年同期比0.1%増の約571万台、一方で輸出台数は約9%増の約311万台で、今や輸出が生産の伸びを引っ張っているのが現状です。
これは、上記理由から原油価格の高騰を背景に世界的に低燃費のクルマ、つまり日本車に人気が集まっているのです。

ヨーロッパでは、ガソリン車ではなく、ディーゼル車の方が売れている国もあります。
軽油が安価な事と、クルマの大気汚染問題としてディーゼル車の黒煙排出問題よりも、ガソリン車のCO2排出問題の方が環境への影響が大きいとして、ディーゼル車がスタンダードな国もあるそうです。
但し、石原都知事と同じく、ディーゼル排出ガス浄化装置(DPF)の開発、装着の義務化などは研究されているようです。

wikipedia0708.jpg
Wikipedia"Eco-Gas-Station"

やっと、F1の話になります。F1もいままで、エンジンやガソリンに関するレギュレーションを変えて来ています。

1980年代くらいのターボエンジン時代はレース専用のガソリンを、各石油メーカーがオリジナルで調合して作っていました。
ですから、旅客機を飛ばせる航空機燃料のようなガソリンで走っていました。これもレース競合のひとつとなっていたのです。

しかし、段々とガソリンから排出される有害ガスでドライバーやメカニックの身体にダメージが出てはいけないと、1992年に”市販されている無鉛ハイオクガソリンと同じ成分”のガソリン以外は使用を禁止にしました。

そうは言っても、市中のガソリンスタンドで売られているガソリンと全く同じガソリンを実際は使っている訳ではなく、各チーム、マシンやコース特性などを勘案して、スペシャルブレンドのハイオクガソリンを毎回作っているそうです。

噂ではリッター3000円くらいすると言われています。
私はここで、1回のレースでガソリン代が60万円も掛かる超リッチなドライブをF1ドライバーはしているという話をしたいのではありません。

私は以前このブログで「バイオガソリン」の話題を書きました。
そういう方向もありますが、ターボから自然吸気にした時にガソリンも見直したように、F1ディーゼルエンジン化というのも面白いなという、妄想話です。

でも、ヨーロッパの環境団体からの圧力がかかって来たら、こんなF1ディーゼル時代が、やって来たりして・・・。

フォーメーションラップ3分前。ボッボッボッとエンジン音がして、エンジンスタート!
最高の2万回転に踏み込んでもエンジン音が高くなりません。
黒煙をモクモクと上げながらスタート!

バスのような音を立てて、1コーナーに一斉に突っ込んで行きます。
ガッガッガッガァ〜とシフトダウンの音。

やはり、何だかへんてこなレースになりそうですね。
F1ディーゼルエンジン時代というのは来そうにありませんね。

日本も先日、新聞にLNG(液化天然ガス)車がCO2排出量が少ないので、研究されているとか、LPG(プロパンガス)車がやはりCO2が出ず、さらにディーゼル車のように黒煙も排出しないため環境に及ぼす影響が小さいなどいろいろな研究、意見が言われています。

数年後、エンジンなのかガソリンなのかわかりませんが、今とは全く違うものを使っているかもしれません。
何せF1ですから、明日何が起こるかわかりません。
もしかして来年のオーストラリアのスターティンググリッドにはディーゼルエンジンが並んでいるかもしれません。
posted by ティフォジ at 14:43| F1マシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。