2007年08月27日

シンガポールGP着々と進行

来年2008年9月28日決勝のシンガポールGPの準備が着々と進んでいます。

シンガポールGPは以前にこの記事にも書きましたが、ナイトレースを検討していますが、このレースがライトの下で行われる初めてのF1レースとなるかどうかについては、今年中に決定されるようです。

『チャンネル・ニュースアジア』によると、この情報は14日(火)にイスワラン貿易産業担当国務大臣によってもたらされたものだそうです。

イスワラン大臣は安全性を確認するテストが現在進行中であると語りましたが、グランプリが適切に開催されるように、決断は間もなく下されるに違いないと説明しました。

人工的なライトに照らされた状態での初のテストは、昨年6月のアメリカGP期間中、インディアナポリス・モータースピードウェイで国際自動車連盟(FIA)によって行われました。アメリカでは普段からナイトレースが開催されているからです。

indianapolis0827.jpg
F1-Live.com"6月にインディアナポリスで行われた安全走行テスト"

話は変わりますが、シンガポール政府は、ストリートサーキット沿いに建つホテルに20%の”ホテル税”を課す計画が確定したことを発表しました。

少なくとも11のホテルが予定されているストリートサーキット沿いに建っており、それらのホテルに収益性の高い特典として政府が税を課すことにしたそうです。

政府は、多くのホテルが2008年の9月に行われるF1のイベントから利益を得ることを予想しており、ホテルにはF1を開催する高価なライセンス料に貢献することを望んでいるようです。

貿易大臣は次のようにコメントしています。
「いくつかのホテルはサーキットに近いことやトラックを見渡す部屋の眺めがいいことから他のホテルよりも利益をあげることができるだろう。そのホテルは予約で埋まることが予想される。」

夜空に浮かぶ隅田川の花火大会の屋形船。神宮球場の観客スタンド。プレミア席にはお金がかかるのは仕方ないのかもしれませんが、政府が税金で徴収するというのは何ともシンガポールらしいですね。

ホテルの部屋でなくとも綺麗な夜景とF1マシン。
ただ、それだけでプレミアかもしれません。
posted by ティフォジ at 00:00| F1第7戦 アメリカ グランプリ 6/17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。