2007年09月19日

マクラーレンのふたり、 スパのスタートで再燃!?

ベルギーGPスタートでのことです。ルイス・ハミルトンの方がチームメイトのフェルナンド・アロンソよりもわずかにいいスタートを切ったかもしれません。

このスタートについて両者は次のように語っていました。

mc0916GP.jpg
GPupdate"Mclaren"

フェルナンド・アロンソ
「スタートではできるだけ内側のラインを走っていたんだ。残念ながらルイスはワイドに走ってしまったね。左側にはスペースがなかったけれど、ランオフエリアがたくさんあったことはわかっていたよ。最初のスティントではルイスよりも1周早くピットに入ったから僕のクルマは少し速いことはわかっていたよ。チャンピオンシップの終わりまで接戦となるだろうから、ファンのみんなも楽しめると思うよ」

ルイス・ハミルトン
「いいスタートを切って最初のコーナーで抜くチャンスがあると思ったけれど、フェルナンドがインサイドのラインをキープしたために僕は膨らんで走らなければならなかったんだ。最初は「ああ、ありがとう」って思ったけれど、あれはフェアだったとは言えない。厳しい動きだったね。僕たち2人があのコーナーを正々堂々と走れるだけの十分な余地があったはずだ。いつもみんながアンフェアなことをすると文句を言っている人が僕を外へ押し出したんだと感じている。ランオフエリアがあったからレースを続けることができてラッキーだったよ。チャンピオンシップを争っているとこういうことも起こるんだ
と思ったよ。ポイントを得られたけれど、それが一番なんだ。フェルナンドと僕の差は2ポイントに縮まってしまったけれど、残りの3レースではドライバーズチャンピオンシップをとるために全力を尽くすだけさ」

ハミルトンはアロンソの動きが気に入らなかったようです。しかし、マクラーレン代表であるロン・デニスによれば、これはレースの一環でしかないと言っています。

ベルギーGPのオープニングラップで起こったこの小さな事件についてロン・デニスは次のように語りました。

「フェルナンドとルイスのような素晴らしいドライバー2人がチャンピオンシップを争っていると、スタートで今日のような行動が見られることも考える必要がある。これは2人が非常に激しく競争していることから起こったことなんだ」

「偉大なチャンピオンシップで我々のドライバー2人がトップで争っているのだから、私は残る3レースをとても楽しみにしているよ。チームは彼らに最後の1周まで戦う機会を与えた。我々は懸命に働き、今シーズンここまでのレースで、クルマについては100パーセントの信頼性を示してきた。だからチームのみんながシーズンの残りのレースを楽しみにしているんだよ」

1ポイントも落とせない両者の戦いですが、フェラーリファンとしては、このようにふたりがポイントを食い合ってくれるととても面白くなります。

ferrari2007f1.jpg
F1-Live.com"Scuderia Ferrari"

コンストラクターズチャンピオンシップは決めたフェラーリですから、ドライバーズチャンピオンシップも決めたいものです。”棚ぼたポイント”では、フェアじゃないじゃないかと言われましても、もうあと3つしかないポイント争いですからどんな形にしたってポイントが欲しいところです。
「勝ちたいんや!」なのです。

「フォルツァ!フォルツァ!フォルツァ!フェラーリ!」
posted by ティフォジ at 10:25| F1第14戦 ベルギー グランプリ 9/16 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。