2007年09月29日

日本GP公式予選

午前中のフリー走行は、雨と霧のため開始が30分遅延されました。その後、わずか4分半の走行をしたのみで赤旗中断、そしてそのまま中止となってしまいました。

fuji0929gp.jpg
GPupdate"FuijiSpeedWay"

公式予選Q1です。セッション開始直前のコンディションは、気温14℃、路面温度21℃でした。

雨が上がりました。14時にセッションが開始されました。

スーパーアグリの佐藤琢磨がインターミディエットタイヤで飛び出して行きました。僚友のデビッドソンはエクストリームタイヤです。

次々とタイムが更新されていきます。そんな中、マクラーレンのハミルトンが18位と雨に弱いのか?と思わせるところでしたが、さすがにポイントリーダーは強い、最後にはキチンとトップ4に入って来ました。

セッションの最後、ラルフが山本左近と接触してクラッシュ!山本をラルフがパスしようとした際に接触したものと思われます。ラルフはこの時点で14番手でしたのでQ2に残りましたが、Q2はもうダメでしょう。

上位陣の結果は1位マッサ、2位アロンソ、3位ライコネン、4位ハミルトン、5位ウェバー、6位ハイドフェルド、7位ビッテル、8位クビサでした。

Q1ノックアウト者
17位バリチェロ(ホンダ)
18位ブルツ(ウィリアムズ)
19位デビッドソン(スーパーアグリ)
20位スーティル(スパイカー)
21位佐藤琢磨(スーパーアグリ)
22位山本左近(スパイカー)

yamamoto29gp.jpg
GPupdate"Sakon Yamamoto"

Q2は本当の1発を見るセッションですが、ここのコースはフューエルエフェクトの小さいコースなのであまり関係ないかもしれません。

Q2、1番に飛び出して行ったのは、トヨタのヤルノでした。タイヤはエクストリームに戻していました。

セッションが進んでも、やはり、フェラーリはマクラーレンをノックアウトできません。

Q2上位陣の結果は、1位ハミルトン、2位アロンソ、3位ライコネン、4位マッサ、5位ハイドフェルド、6位バトン、7位クビサ、8位ウェバーでした。

バトンが6位(Q3)に残りました!大殊勲です。
ベッテルが10位という結果もよくやったところでしょう。

Q2ノックアウト者
11位フィジケラ(ルノー)
12位コバライネン(ルノー)
13位クルサード(レッドブル)
14位トゥルーリ(トヨタ)
15位リウッツィ(トロロッソ)
16位シューマッハ(トヨタ)

いよいよ決戦。Q3セッション開始直前のコンディションは、気温14℃、路面温度20℃でした。

各チームが燃料をどのくらい積むのか?(=明日の天気をどう読むのか?)が見えて来るでしょう。

一番に飛び出したのはアロンソ。続々とほぼ全員がコース上へ。ライコネンがなかなかタイムが出せないのでイラつきましたが、そんなところで2位に飛び込んできました。

バトンは7位。2回アタックするも、それ以上は出せず。ホンダの実力はここまででしょうか?それでもこの結果はご立派です。

最後ロスタイムにライコネンがアタックするも2位のまま。次に飛び込んできたのが、ハミルトン!さすがです。パルクフェルメに止めて下車したとたんにアンソニー・ハミルトンさん(お父さん)と抱き合って喜びました。

トップ10
1位ハミルトン(マクラーレン)1'25"368
2位アロンソ(マクラーレン)1'25"438
3位ライコネン(フェラーリ)1'25"516
4位マッサ(フェラーリ)1'25"765
5位ハイドフェルド(BMW)1'26"505
6位ロズベルグ(ウィリアムズ)1'26"728
7位バトン(ホンダ)1'26"913
8位ウェバー(レッドブル)1'26"914
9位ベッテル(トロロッソ)1'26"973
10位クビサ(BMW)1'27"225

予選直後のトップ3インタビュー
ハミルトン
「初めてのウェットでチームはよくやってくれた。最後のラップはいいラップだった。最後のコーナーで少しミスしたけど、ピットウォールを見て”やった!”と思ったよ。明日はドライになっても気にしない。とてもリラックスしている。タイム的には接近戦だが、ファーストコーナーを制すればOKでしょう。」

アロンソ
「すべて順調に行って、満足している。スパで”フジはマクラーレンが強い”と言われていたが、関係ない。ドライ、ウェットも関係ない。」

ライコネン
「悪くなかった。午前中のギアトラブルの調整も明日までにできると思う。路面が最後、金曜日に近くなっていたので良かった。」

toyota0929gp.jpg
GPupdate"TOYOTA F1 TEAM"



マクラーレンの二人はドライ、ウェット関係ないと言っていますが、ライコネンは特別言いませんでした。これはマクラーレンが安定していることを象徴しています。

フューエルエフェクトが以外に出ていそうな事がわかりました。
ロズベルグはエンジン交換をしたので10グリッド降格です。
日本勢ではホンダのバトンが頑張りました!明日の走りに期待です。
琢磨、左近は昨日の出だしで走れなかったのをそのまま引きずってしまったと思われます。
フリー走行のわりにトヨタが苦戦しました。頑張ってほしいです。

明日のホンダ、バトンに期待ですね。
それでは恒例の「フォルツァ!フェラーリ!」
posted by ティフォジ at 18:32| F1第15戦 日本 グランプリ 9/30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。