2007年09月30日

日本GPファイナルT

第15戦日本GPは、決勝をむかえました。
セッション開始直前のコンディションは、気温17℃、路面温度22℃、天候は雨です。

雨量は多く、コースを水が流れているような状況でした。レースはセーフティーカースタートとなりました。

SaftyCar0930GP.jpg
GPupdate"Safty Car"

SC先導はしばらく続きます。そんな中フェラーリ陣が動きます。4周目、マッサとライコネンが続けてピットイン。エクストリームウェットタイヤを装着して隊列の最後尾につく事になってしまいました。

のちにライコネンは”FIAからフルウェットと言われタイヤ交換を余儀なくされた”と、言っていました。

ドライバーたちは無線で、アクアプレーニング現象が所々で起こっているようで、もしこの天気が続くようなら1976年の富士の再現になりかねないと言って来ました。

各車前がまったく見えない状況のようで、琢磨が前を走るトヨタに接触しそうになっています。前車の後ろを走るとウォータースクリーンで前が見えないため、ラインを外して走るクルマも多いです。

15周目、ライコネンがピットイン。この後もこの状況が続けばのこり40周ほどでレースが終わるため、ここで燃料を積んで最後まで走り切る(ワンストップ)作戦をとるチームが出てきています。

この後路面が乾いてくるようなことがもしあれば、タイヤ交換のためのピットストップが必要となってくるため、天気をうまく読んだチームが勝つことになります。

各チーム、お天気レーダーにしがみついて雲の動きを必死で読んでいます。

Rain930GP.jpg
GPupdate"Rain Race"

16周目、マッサもピットに入り給油。フェラーリは失うものが何もないので、どんどん動きます。マクラーレンはまだ動きません。

マッサに審議の情報が入りました。スピンをした際に、他のクルマを抜いて元の位置に戻ったことが原因です。18周目に結局、マッサにドライブスルーペナルティが課せられました。

19周目、バリチェロ、佐藤、トゥルーリがピットイン。リウッツィが1分33秒台のタイムで全車を追い抜き隊列の最後に戻りました。

20周目、セーフティーカーのランプが消え、レースリスタート!

後方のチーム、1コーナーでブルツとマッサが接触しました。ブルツはフロントウィングを落としてクルマを降りました。スピンしたブルツがマッサに突っ込んだようです。

21周目、リスタートの混乱が開けた時点での順位は、1位ハミルトン、2位アロンソ、3位ベッテル、4位ウェバー、5位バトン、6位フィジケラ、7位コバライネン、8位クビサ、9位クルサード、10位ハイドフェルド、11位スーティル、12位シューマッハ、13位デビッドソン、14位ライコネン、15位山本左近、16位リウッツィ、17位ロズベルグ、18位佐藤琢磨、19位バリチェロ、20位トゥルーリ、21位マッサ。ブルツはリタイヤ。

21周目、マッサがドライブスルーペナルティを消化。

25周目、ライコネンがシューマッハをオーバーテイクしました。これでライコネンは11番手。

マクラーレンは依然、安定しています。アロンソが1分28秒512のファステストラップを出しました。まだスタンダードウェットタイヤを使うのは難しいでしょうか?

アロンソがピットイン。この間にハミルトンが1分28秒193のファステストラップ。

29周目、ハミルトンがピットイン。アロンソはミスで8位まで後退しました。そして、なんとベッテルがトップ!雨が起こした奇跡と言えるでしょう!

ハイドフェルドがアロンソをオーバーテイクしました!アロンソのペースは伸びません、ハイドフェルドにどんどん離されて行きます。

アロンソがスピン。ハミルトンもフィジケラとクルサードにかわされ、7位に後退しました。前周にクビサと接触したことが原因でしょうか?

バトンがトゥルーリをオーバーテイクし、19位に。

アロンソのマシンはかなりのダメージを受けている様子がスクリーンに映し出されました。先ほどからペースが上がらないのはこれが原因だと思われます。

クビサにドライブスルーペナルティの表示。先ほど、ハミルトンと接触したことが原因。

41周目、ライコネンがまたピットイン。これでポイント獲得が難しくなり、チャンピオンシップ争いからの脱落が厳しくなりました。クビサはドライブスルーペナルティ。

アロンソがストップ!ヘアピンでクラッシュした模様。パーツが飛び散り、マシンからは煙が出ている。一方、ハミルトンはトップを走行中。

ここでセーフティーカーが再び導入されました。次々と各チームがピットインします。

ウェバーとベッテルが接触リタイヤ。ライコネンはポイント圏内に繰り上がりました。

46周目現在、1位ハミルトン、2位コバライネン、3位マッサ、4位クルサード、5位フィジケラ、6位ハイドフェルド、7位ライコネン、8位バリチェロ、9位クビサ、10位シューマッハ、11位山本左近、12位ロズベルグ、13位バトン、14位トゥルーリ、15位リウッツィ、16位スーティル、17位デビッドソン、18位佐藤琢磨

McLaren930GP.jpg
GPupdate"McLaren"

ベッテルが、ガレージの壁に腕と顔を押し付けて泣いている様子が映し出されました。悔しかったんでしょう。

48周目、レースリスタート。

シューマッハが3回目のピットイン。そのままリタイヤ。

デビッドソンがホームストレート上でリタイヤ。

57周目、ライコネンがクルサードをオーバーテイク!これで4位に上がりました。

今日はここまでのレポートにします。
まだまだ波乱の最後は明日レポートします。
posted by ティフォジ at 21:14| F1第15戦 日本 グランプリ 9/30 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。