2007年10月06日

中国GPフリー走行1、2回目

まずお知らせがあります。ルイス・ハミルトンは、先週の日本GPでセーフティーカーの後ろでとった行動についてペナルティを受けるかもという話がありましたがそれはなしになりました。

これで、ハミルトンのチャンピオン決定が上海で決まりそうですね。などとティフォジの私がウキウキ書いてちゃいけませんね。

日本GPでは、べッテルがウェバーのマシン後方に衝突する事故が起きたのですが、両ドライバーによると、ハミルトンが急激にスローダウンしたために事故が起きたと訴えました。結局、ハミルトンではなく、ベッテルが中国GPで10グリッド降格のペナルティを受けることになりました。

中国GPは先週の大波乱になった日本GPに上乗せして、「決勝日は台風」の天気予報が出ており、大変な事になりそうです!

ウィリアムズのテストドライバーの中嶋一貴は、金曜日の1回目のフリー走行でF1に戻って来ました。2回目の走行では従来どおりブルツが走りました。

スパイカーが買収されました。スパイカーを50パーセント所有するミシェル・モルは、F1でのこのチームの将来を担うことを楽しみにしているとコメントしました。

オランダ人のモルは、インドの実業家ヴィジャイ・マルヤとともにスパイカーF1チームを買収しており、チームがこれからF1でさらに上を目指せると確信しているともコメントしています。

spyker1005GP2.jpg
GPupdate"Spyker"

チームは50パーセントオランダ、50パーセントインドのチームになります。チームの売却額は8千8百万ユーロとなっている

さて、フリー走行1回目の上海のコンディションは晴れて暖かくなりました。セッションが終わる頃には気温30℃、路面温度45℃となりました。

フリー走行1回目の順位
1位ライコネン、2位アロンソ、3位マッサ、4位ハミルトン、5位ロズベルグ、6位クビサ、7位トゥルーリ、8位フィジケラ、9位中嶋一貴、10位ハイドフェルド、11位コバライネン、12位シューマッハ、13位クルサード、14位バトン、15位バリチェロ、16位佐藤琢磨、17位リウッツィ、18位ウェバー、19位デビッドソン、20位ベッテル、21位山本左近、22位スーティル。

でした。
午後のフリー走行2回目のコンディションは午前とほぼ変わらず、気温30℃、路面温度47℃となりました。上位4人のタイム差はコンマ2秒の内に入っている混戦です。

フリー走行2回目順位
1位ライコネン、2位アロンソ、3位マッサ、4位ハミルトン、5位トゥルーリ、6位ウェバー、7位シューマッハ、8位クルサード、9位ロズベルグ、10位フィジケラ、11位コバライネン、12位バトン、13位バリチェロ、14位クビサ、15位ハイドフェルド、16位ブルツ、17位デビッドソン、18位リウッツィ、19位スーティル、20位佐藤琢磨、21位ベッテル、22位山本左近。

フェラーリチームは好スタートを切りました。ライコネンは1、2回目とも最速タイムを叩き出しました。

ライコネンはフリー走行が終ってこうコメントしました。

「いい1日だったよ。金曜日の結果はそれ相応に考えなければならないし、一番のライバルがどこにいるのかわからないけれどね。クルマはすぐにバランスがよくなったけれど、ハンドリングには改善の余地があるよ。ここのトラックはとても滑りやすいけれど、エスケープゾーンがたくさんあるからミスをしてもドライバーに高くつくことはないんだ。明日はとても接近した戦いになるだろうね」

free1005GP1.jpg
GPupdate"FERRARI"

今週末ずっとトップはライコネンでした。台風の影響によってすごい風が吹いている中、安定しているのはダウンフォースをつけているからではないでしょうか?

いずれにせよ毎度「フォルツァ!フェラーリ!」
まだまだチャンピオンシップも終った訳ではありませんから!

posted by ティフォジ at 22:09| F1第16戦 中国 グランプリ 10/7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。