2007年10月17日

中嶋一貴、インテルラゴスデビュー

中嶋一貴は、今週末のインテルラゴスが彼のF1デビューレースになります。今季GP2シリーズでDAMSチームから参戦し、3勝、シリーズ5位を収めた彼は、アレクサンダー・ブルツに代わってレースに出場する事になりました。

さらに彼は2008年のレースドライバーとしてフル参戦することを目指しています。

彼はインテルラゴスに向けてこうコメントしました。
「初めてF1のレースに出られるから、もちろん本当に興奮しているよ。インテルラゴスでは走ったことがないから、グローブにあるチームのシミュレーターでたくさん練習をしているよ。それからジムでトレーニングをして、反時計回りのコースで首にかかる力に耐えられるように鍛えている」

そんな彼は「デビュー戦は楽しんで走りたい」と語りました。

Nakajima1017GP.jpg
GPupdate"Nakajima"

「週末を通して雨が降るようだから、この天気のせいでかなりトリッキーになるだろうね」と、さらに彼は語りました。

「でも、自分にプレッシャーをかけないようにしているんだ。自分のペースで、ひとつひとつのセッションをこなして行きたい」

中嶋は、2007年シーズンはこれまでウィリアムズチームのリザーブドライバー兼テストドライバーを務めてきました。先述のとおり、GP2でも成果を収めて来ましたので、3人目の日本人ドライバーとして、大いに期待が持てるのではないでしょうか。

言うまでもなく彼は日本人最初のF1フル参戦ドライバー中嶋悟氏のDNAを継ぐ者である事に間違いはないのですから。

posted by ティフォジ at 13:07| F1第17戦 ブラジル グランプリ 10/21 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。