2007年11月04日

ホンダ「グリーン・アワード」を受賞

地球環境保全に貢献した関係者を表彰するグリーン・アワードは,今シーズンの受賞対象者として「ホンダF1」を選定し、表彰式を行いました。

ホンダは今シーズンのレースで「My Earth Dream」キャンペーンを展開し、スポンサーロゴを一切つけないアース・カラーのマシンで環境保護を訴えていました。

HONDA2007LGP.jpg
GPupdate.net"My Earth Dream"

スポンサーロゴを一切つけないカラーリングのF1マシンがレースを走るのは1980年代ジョンプレイヤースペシャルのロゴを付け始めて以来約30年近いお付き合いだった訳ですが、単にタバコロゴを止めただけでなく一切のスポンサーを排除し、環境問題を提起したところにその評価がなされたのではないでしょうか。

この活動がノミネートされ、マークス&スペンサーとプロクター&ギャンブルとの激しい争いに勝ってベストPR賞を受賞しました。

ホンダはさらに、他の18の団体とともに最高の賞であるグランプリへと進み、その賞を勝ち取ったのです。

ホンダの環境への取り組みはF1だけに留まらず、通常のCMやPR活動にも広がりがあり、その辺りの評価もされたのではないでしょうか。

ホンダF1チームのCEOのニック・フライは、次のように語りました。

「ホンダの活動が認められて、2007年緑の賞を受賞できたのは素晴らしいことだ。優れたマーケティング活動を通して環境保護に力を注いできた、素晴らしい団体とともにここに受賞することを嬉しく思う。我々の「マイアースドリーム」活動の目的は、世界的に広がるF1を利用して、世界中の人々の環境問題に対する関心を集め、環境問題に関する議論を巻き起こすことだ。そして我々は1年目にしてその目標を達成することができたんだ」

HONDA2007-TGP.jpg
GPupdate.net"トランスポーター"

しかし、チームが2008年も今年のグリーンのカラーを引き続き使用するかどうかはまだ決まっていません。
だって、あのカラーリングには賛否両論ありましたからね・・・。
posted by ティフォジ at 18:49| ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。