2007年04月18日

表彰台でもキミの憂鬱

kimi.jpg
(f1-Live.com)

キミ・ライコネンはバーレーングランプリで優勝は逃したものの、3位という立派な結果を残しました。

しかしながら、最近のヨーロッパでの報道陣は、
「3戦を終えて、キミはタイトルについて考える前に、自身のチームメイトを打ち負かす方法について考えなければならないだろう」
と、書き立てているらしいです。

キミのサヒールでのレースはスタートですべてが決まっていました。
キミはこれについて、
「僕はアロンソ(マクラーレン)に場所を取られて、コース上でオーバーテイクできるほど十分な力はなく、彼の後ろで詰まっていたんだ。唯一の望みはピットストップだった。何が起こるかなんて分からないけど、チームは素晴らしい仕事をしてくれたよ。
ちょうどいい時期に僕を呼んでくれて、すべてを完ぺきにこなしてくれた。
フェラーリのスタッフにしかできないね。」
と、スタッフに感謝する(スタッフ頼み?)コメントをしています。

キミの地元、フィンランドの「Turun Sanomat(トゥラン・サノマット)」誌は、
「F2007に関するキミの最大の問題はフロントエンドだ」
と、問題視しています。
事実、チームメイトのフェリペ・マッサはアンダーステア気味のマシンをうまく操れていると辛口の報道をしています。

さらに、フェラーリの地元イタリアの「Corriere dello Sport(コリエール・デロ・スポルト)」誌は、キミのバーレーンGPについて、
「良くも悪くもなかった」
とあっさりと結論付けています。


それに対して、フェラーリのテクニカルディレクターのマリオ・アルモンドはイタリアの「Autosprint(オートスプリント)」誌に、
「バーレーンのキミのスタートについては、彼はより良い方法を考えなければならないと言うべきだろう」
と、コメントし、また別の日、
「われわれはキミのために、マシンをもっとうまく機能させなければならない。」
とコメントしたそうです。

一方、同じフェラーリのスポーティングディレクターを務めるステファノ・ドメニカリは、ドライバーズ選手権を同点でリードするドライバーにチームが不満なわけがないと主張し、キミを擁護しています。
「彼はフェラーリに来て間もないし、まだ成長中なのだ。彼はわれわれに満足していると思うし、われわれは彼に満足している」
と、コメントしたそうです。

そうした中で、キミ自身はフェラーリに対して
「特に予選でのペースは改善すべきだ」
と、コメントしています。

キミは噂話によると、レース期間中も自分の役割(ドライビング)の時間が終ると、
「そう、だいたいPM4:30には毎日帰ってしまう。」
そうで、予選の早さや、決勝の第1コーナーの渋滞の問題以前に、もう少し、頑張りが必要なのではと感じます。
ミハエル・シューマッハまでのストイックさが必要とは言いませんが、最低限の…。

オーストラリアでは大きな結果を残しているのですから、復活したチームメイトに負けないように、チームスタッフといっしょに開発し続けないと、これから車の真価とドライビングテクニックが問われるスペイン、モナコに、取り残されてしまう事に
なってしまいます。

但し、私が少し安心しているのは、欧米の報道は阪神ファン(私は阪神ファンです)的な報道をするので、本当にキミがそんなにレース期間中にサラリーマンの様であり、更にチームメイトよりテクニックが劣っているとは信じがたいところがあります。

フェラーリファンであり、キミのファンである(阪神ファンでもある)私にとって、結局は結果が出ていれば何もいう事はないのであります。
レースはドライバー1人で走っている訳ではありませんから”フォア・ザ・チーム”の精神で、キミにはこれからも結果を出して行って欲しいと思います。
posted by ティフォジ at 00:00| F1第3戦 バ−レーン グランプリ 4/15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

バーレーンGP ファイナル

gpupdate.jpg
(GP update)

バーレーングランプリ決勝は今期初のフェリペ・マッサ(フェラーリ)の優勝で終りました。

@MAS 1h33'27"515
AHAM +0'02"360
BRAI +0'10"839
CHEI +0'13"831
DALO +0'14"426
・・・・・またここで開いて・・・・
EKUB +0'45"539
(以下1分以上の開き)

マッサ(フェラーリ)が軽いのではないかと思っていましたが、以外にもマクラーレンの方が先に給油しました。
そしてマクラーレンに何があったのかわかりませんが、2ndスティントになって急に遅くなりました。

TOP3インタビューでハミルトン(マクラーレン)は、
「2nd(スティント)は、ソフトタイヤだったのにあまりバランスが良くなかった。」
と言っていました。
事実、同じマクラーレンのアロンソも2ndでハイドフェルド(BMW)に抜かれました。

そうは言ってもハミルトンは、ルーキーで3戦連続表彰台はすばらしいです。恐るべき新人。

とにかく、マッサがやっと勝ちました!
ティフォジの私としては万、万歳です!

マッサはやはりインタビューで
「1stコーナーをとにかく気をつけた。
1stスティントはバランスが悪かったが、2ndスティントはバランスが良かった。
第2戦でのミスをマスコミにだいぶ叩かれたけどたった1戦(週間)で取り戻せて良かった。」
と、マシンバランスではマクラーレンと逆の事を言っていました。
それによほど地元ではこの2戦勝てなかった事を言われていたのでしょう。良かったですね。

ライコネンはインタビューで、(相変わらず愛想なく)
「風があって、誰か(ハミルトン)の後ろに付くのは難しいドライビングだった。」
と、言っていました。

(私個人)注目の中盤以降、ホンダ勢は序盤にバトンがもらい事故をして、スーパーアグリの2台はエンジンブローしてしまいました。
残る、バリチェロが13位フィニッシュと、相変わらずマスコミになじられても仕方ないような結果になってしまいました。

次はヨーロッパ、スペインに行きます。
1ヶ月、間が空きますので、ここで各社(特に日本勢)には開発を頑張ってもらいたいです。
特に特に頑張ってもらいたいのはフェラーリですが・・・。


posted by ティフォジ at 00:00| F1第3戦 バ−レーン グランプリ 4/15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

バーレーングランプリ 予選

バーレーンGPはフェラーリのフェリペ・マッサがポールポジションを取りました。
ブリジストンにとっては100回目のポールポジションでした。

BSlive.jpg
(f1-live.com)

この予選。出走22台中19台が1.6秒以内にいるという大接戦でした。
上位の成績は
@MAS 1'33"652 フェラーリ
AHAM +00"283 マクラーレン
BRAI +00"479 フェラーリ
CALO +00"540 マクラーレン
DHEI +00"752 BMW
・・・・・・・ここで少し開いて・・・・・・・・
EKUB +01"058 BMW

E位クビカの次のフィジケラ(ルノー)は+01"404ですから、少し離れています。

完全にフェラーリとマクラーレンの対決にプラスアルファとしてBMWがいるという構図になっています。

チームの作戦でライコネン(フェラーリ)とアロンソ(マクラーレン)はオイルを積んでいるのではないかと考えられます。

そうなると、明日はマッサ(フェラーリ)とハミルトン(マクラーレン)の第1コーナーでの1位取り争いが注目されます。

予選後のTOP3インタビューでは、
マッサ「車が良いとわかっていて前回駄目だったので今度こそやる。」
ハミルトン「1stコーナーがタイトだけど明日が楽しみ。」
ライコネン「今日はトラフィックにひっかかったのにTOP3(に入れたの)は十分な結果だった。」
と、それぞれ言っていました。

当初、ブリジストンワンメイクになればフェラーリ絶対有利と言われていたのに、マレーシアでは駄目でした。
今回はフェラーリの巻き返しを期待し、そうなれば面白い試合展開が見られるというものです。

最初に書いたように、中盤、下位も熾烈な争いを見せています。
スーパーアグリは今回も調子が良く、前回までの佐藤に変わって、今度はデビッドソンがQ3まであと0.017秒足りないという調子よさでした。
スーパーアグリもQ2でビビっていないで、そろそろQ3に入る作戦を立てた方が良いのではないでしょうか?

ストレート比率56%、1km以上のストレートがあるバーレーンインターナショナルサーキット。
抜きどころもあるので、面白い決勝になりそうです。




posted by ティフォジ at 00:00| F1第3戦 バ−レーン グランプリ 4/15 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。