2007年06月26日

スーパーアグリ大特集!!

『佐藤琢磨、6位!』
『チャンピオンをオーバーテイク』
『スーパーアグリF1チーム、3ポイントゲット』
『会心の70周!〜佐藤琢磨〜』

SAF1&21.jpg
SUPER AGURI F1 TEAM

と、カナダGP翌日からの新聞、週刊誌、専門誌、果ては一般紙に至るまで、ジル・ブルヌーブ・サーキットでの佐藤琢磨の活躍をあたかも優勝したかとでも言うように書き立てていました。

それもそのはず、今季に入る前、評判ではスーパーアグリは、ポイントを1ポイントでもあげるのが、精一杯でしょうと、言われていました。

それに対して、第4戦スペインGPでは8位入賞1ポイントを挙げ、今回第6戦カナダGPではさらにジャンプアップして6位入賞3ポイントを挙げたからです。

それも前回のスペインと違い、今回はフェラーリのライコネンをオーバーテイクし、さらに昨年のチャンピオン、今季のチャンピオンシップリーダーであるマクラーレンメルセデスのフェルナンド・アロンソをコース上でスリップストリームからブレーキング競争で、オーバーテイクするという快挙を成し遂げたから書き立てられたという訳です。

佐藤琢磨はこうコメントしました。
「最高だ。すごくエキサイティングなレースで、ピットレーンのあちこちで混乱が生じていた。特にロバート・クビカの事故があったからね。

僕の目の前で起きた事故だったので、本当にぞっとした。彼が無事だと聞いて安心して、自分のレースに集中できるようになった。
何度もセーフティーカーが出動したが、毎回うまく対処できた。

最後のセーフティーカー出動の時、ピットに戻ることにした。
セーフティーカー先導下の数周をオプション(ソフト)タイヤで走ろうと思ったんだ。

その後、まだセーフティーカーが出ている間にまたピットインして、プライム(ハード)タイヤに換えた。

おかげで他のドライバーたちがソフト寄りのタイヤで苦戦する中、僕は全力でプッシュできたんだ。」

ラルフ・シューマッハの後ろでコースに復帰した琢磨は、タイヤのアドバンテージをフルに利用し、すぐさまシューマッハをパス。彼はその他にも、フェラーリとマクラーレンをオーバーテイクするという信じられない光景を、観客たちに見せ付けた。

更に琢磨は続ける
「リスタートの後、オプション(ソフト)タイヤユーザーたちは、あっという間に遠ざかっていった。僕のプライム(ハード)タイヤより温まっていたからね。

ウェーバーが後ろにいたのも悩みの種だった。メインストレートでは彼の方が20km/h近く速かったんだ。

でも幸い抑えきる
ことができた。オプション(ソフト)タイヤのドライバーたちは、数周すると辛くなってくるだろうことは分かっていた。だからこそ、プライム(ハード)タイヤに換えたんだ。」

「ペースはとてもよく、戦略も素晴らしかった。終盤に何が起ころうと、すでに僕たちはポイントを争えるポジションにいたんだ。3周かかってラルフを抜くことができたよ。」

「キミを抜くのは変な気分だった。普通の状況だったら、あんな風に彼を抜くなんてあり得ないからね。

今日は、去年同様タイヤかすがそこら中に転がっていたので、大変だった。リスタートの後、キミはヘアピンでブレーキングをミスしたので、楽に前に出られた。

その後も彼に見劣りしないペースで走れたので驚いたよ。
僕はジャンカルロとのギャップを縮めていき、キミは追ってはこなかった。」

「フェルナンドに追いつけるなんて、正直言って思ってもみなかった。
何周かするうちに近づいてきて、彼のリヤタイヤが苦しいのが分かった。

それでチャンスを見つけたんだ。そういう時は全力でチャンスをものにしなきゃならない。フェルナンドをパスするなんて、本当にエキサイティングだった。すごく楽しかったよ。」

「実際にオーバーテイクをしてポジションを上げていけるというのは、すごくいい気分だった。オプション(ソフト)タイヤだったらあんな風にオーバーテイクすることはできなかっただろう。

土壇場の判断でピットに入ったのだが、完全に僕の決断だった。ピットインした時には誰も準備ができていなかったよ。すごくリスクが高かったけれど、やるだけやってみたかった。」

スーパーアグリ6位入賞のすごさは琢磨の戦術にもあったし、ドライビングテクニックにもあったが、真のアグリチームのすごさはその中身にあるのです。

スーパーアグリの鈴木亜久里代表はこう語りました。
「もちろん勝ちたい。でも、勝ちたいのとワールドチャンピオンになるのとでは違うからね。

これから先、このプライベートチームがメーカーと戦ってどこまで行けるか。

400〜500人でクルマつくってるところと、150〜160人でやってるところと、予算だって5〜6倍違うと思うんだ。

それに対して真っ向勝負で戦ったって、かなわない部分は必ずどこかにある。

でも、資金を使ったからって強くなれるわけじゃないし、500人にしたらいいチームになれるわけじゃない。」

そうです。スーパーアグリは数少なくなってきているF1のプライベートチーム(自動車メーカーがやっているのではない)であり、その中でも零細企業のひとつなのです。

それでもトップをあきらめては知っている訳ではないという心意気が気持ち良いのです。そしてさらに亜久里代表は、F1サーカスでの自チームの位置づけをこう語りました。

「ヨーロッパの中でも、うちのチームって悪い評判じゃないと思うよ。

去年のブラジルの時だって、スパイカーだとかトロロッソ、レッドブルなんか、言ってみれば自分たちの敵なのに、いろんなヤツが来て『頑張ったね!』とか、言うんだよ。

そういうの、すごく嬉しいよね。大きなチームのメカニックだとかエンジニアも、みんな俺のチームに来たいって言うもん(笑)。

判官贔屓なのか、弱くっても頑張ってるから応援してくれるのかわかんないけど、一生懸命にやっている姿が認められてるんだと思う。」

スーパーアグリのスタッフはチームをどう見ているのか?興味のあるところです。

ハイドロシステム担当のピーター・アーケルは縁の下の力持ち
「バジェットが少ないだけに、新しいものをつけられない。
ハイドロはパフォーマンスレベルを上げるためでなく、信頼性維持が大切なため、ミスは絶対に許されない。」

デザイン部門チーフデザイナー、ピーター・マックールは、
「デザインのプロセスはつねに改良の連続だから、資金のあるなしは関係ない。でも、余裕があったらあと10人デザイナーを雇いたい。」
ビッグチームなら60〜70人のデザイナーがいるのだが、ここのデザイン部門は彼を入れて12人しかいない。

カナダ後ではなくスペイン後になってしまう、ちょっと古い情報ですが、スーパーアグリが初ポイントを挙げた事に各国のメディアはスーパーアグリをどう見ていたのでしょうか?

イタリア最大手のスポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトは
”初ポイントの歓喜に沸くスーパーアグリ”という見出しで、コラムを掲載しました。

「彼らのような小規模なチームがポイントを獲得する事が、どれだけ大変な事か肌で感じてきたので、本当に驚いている。」
と、言っています。

同じイタリアのトゥットスポルトは
”まるでおとぎ話のようなサクセスストーリー”というタイトルで1/4ページも紙面を割いて書いていました。

ちなみにイタリアのスポーツ紙はグランプリ後にドライバーに10点満点で評価しています。
スペイン後のトゥットスポルトは
1位がマッサ10点(優勝しましたから)
2位がハミルトン8.5点
3位が佐藤琢磨8点
アロンソやキミは5.5点でした。

それでは他チームはスーパーアグリをどう見ているのでしょうか?
ルノーのエンジニアリングエグゼクティブディレクターであるパット・シモンズはこう語ります。

「技術者としてスーパーアグリのクルマが全くどこかのチームが、使っていたクルマを進化させただけの車両かはちょっとみればわかるというものさ。この問題はどうでもいいんだ、だって今後、完全なる新車で戦っている我々がもうこれ以上負けることは許されないんだから!」

事実カナダでは負けていません。

複雑な思いなのはホンダでしょう。
ホンダ・レーシングのニック・フライは

「ウチのチームより先にポイントを挙げたからねえ。私たちの実力はこんなものじゃない。事実予選では何度も彼らの前にいるじゃないか。シーズン終了時に上位にいるのは我々の方さ。今回はたまたま幸運だっただけだよ。」

確かに理論的にはそうかもしれませんが、F1はエンジンだけで走っている訳ではありません。
エンジン、シャーシ、タイヤ、ドライバーといろんな要素が、詰まってグリッド〜チェッカーしているのです。

最後に琢磨のグランプリ後のコメントの最後で、締め括りたいと思います。

「6位という上位でフィニッシュすることができてとても嬉しい。メカニックや、困難な時期にもずっとサポートし続けてくれた人たちのためにもね。ここで結果を出す事ができた。全く予想外のことだったし、クレージーなレースだったけれどね。

今日は僕らはラッキーだったんだ。でも、チャンスはつかまなければならない。何があっても対処できるように準備をし、完走を果たさなければならない。

今日はそれをやってのけたんだ。みんなのことをとても誇りに思う。
僕らにとって素晴らしい1日だった。」

SAF1&08.jpg
SUPER AGURI F1 TEAM

最後に、手裏剣、炎、日の丸などを型どった、アグリマシンのカラーリングには琢磨ばかりが脚光を浴びていますが、琢磨と同様に頑張っているアンソニー・デビッドソンもいることを忘れないでおいてほしいです。


posted by ティフォジ at 12:06| F1第6戦 カナダ グランプリ 6/10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

カナダGPファイナル

北米2連戦で波乱が起こって欲しい、しかも、風雨や気温。
他チームの脱落などでの波乱ではなく正々堂々の波乱が、起こって欲しい。

私は公式予選の締め括りでこう書きました。
そして、それは現実のものとしてスーパーアグリF1チームに起こったのです!
スーパーアグリはカナダGP決勝で佐藤琢磨が6位入賞を果たしました。
アンソニー・デビッドソンも完走台数12台という大混戦の中で、11位完走を果たしました。

なかでも佐藤琢磨は32周目あのフェラーリのキミをコース上で、オーバーテイクするという素晴らしい走りを見せた上、68周目昨年のチャンピオンであるアロンソ(マクラーレン)を、スリップに入ってコーナーのブレーキングでオーバーテイクするという、教科書のような走りを日本の、否、世界のF1ファンに見せてくれたのです。

いきなり、6位の話なのではありません。
近年にない気分の良いコース上でのオーバーテイクというものを見せてくれた感激に酔いしれる事ができた。
と、言う話がしたかったのであります。

佐藤琢磨の記事は別途特集して書きたいと思いますので、
今日は淡々とヨーロッパ人の目線でファイナルをいつもどおりレポートしていきたいと思います。

カナダGPファイナルは公園を70周の周回するバトルです。
スタートから、今回のレースは波乱含みでした。

予選からピットスタートが決まっていたスパイカーのアルバース。
これ自身今季初となるピットスタートでした。
その上、ブラックアウト直前に黄旗が振られました。
ホンダのバトンでした。スタートができなかった人を残したままレースが続行されたのも、今季初の事です。

そして2位からスタートした、チャンピオンのアロンソ(マクラーレン)は1コーナーを飛び出し、ハイドフェルドに抜かれてしまい、マクラーレン1−2体制が早くも崩れてしまいます。

ハミルトンはオープニングラップから一人で異次元の速さを、見せつけ、ファステストラップを次々と更新して行きます。

ハミルトンが最初のピットインをした、22周目に、スパイカーのスーティルが、壁にクラッシュ、今季初めてのセーフティーカーが、出る事になります。

そして、このあと都合4回もセーフティーカーが出動すると誰が予測できたでしょうか?これが、今回のレースの明暗を分けるのです。

25周目、ティフォジにとって、悪夢が訪れます。
マッサとフィジケラ(ルノー)に黒旗が振られます!
何だ?と、思いましたら、ピットレーン出口の赤信号無視ということで、当然ながら今季初の”失格”処分になります。

そんな事とは露知らず、混乱する画面に釘づけになっていた、27周目。クビカ(BMW)がトゥルーリ(トヨタ)と接触し4回転ぐらいしたでしょうか、近年稀に見る大事故を起こしました。
正直、最悪の事まで考えさせるような、大事故でした。

しかし、本人は骨折はあったものの、命には別状がないという事で、F1関係者すべてがホッと肩をなで下ろしました。(第一報の骨折も実際はひねったぐらいだったようです。)

50周目にはアルバース(スパイカー)が、57周目にはリウッツィ(トロロッソ)が壁にヒットしてセーフティーカーがついに4回出ました。

そして68周目に佐藤琢磨がチャンピオンを抜くという偉業を成し遂げてレースは終りました。

この文章にいかに”今季初”が多いことか、そしていかにハミルトンという名前が出て来ないことか・・・。

そしてルーキーにしてチャンピオンになった人はいないということです。
今年のルーキーは今回の優勝で、チャンピオンシップポイントのリーダーとなりました。48ポイントです。
2位が昨年のチャンピオンで同じチームの同僚で、40ポイント。
3位が離されていますが、ティフォジの期待を担う33ポイント。
4位はチャンピオンシップ争いが、厳しくなって来た27ポイント。

canada.jpg
f1-Live.com

このレースは完走12台という大混戦となりました。
そもそもこのレポートの長さが今季の大混戦を表現していると言えるのではないでしょうか?

次は北米2連戦、高速サーキット2ラウンド目です。
インディのバンクコーナー〜ストレート最高速度356.6km/hフェラーリは過去5年間勝ち続けています。

お互いのスリップに入って、最高速を出した事もありました。

出走チームがたったの4チームで大ブーイングの中レースをした事もありました。

73周目の最終コーナーを過ぎて1位と2位が入れ替わり、”チームオーダー”という流行語大賞をもらった事もありました。

フェラーリにとってはとてもいわく付きのコースです。
フェラーリファンが多い、アメリカ人の心を引き止める事が、今年はできるのでしょうか?

アメリカ人は良くも悪しくも自分の贔屓チームが脱落するとさっさとサーキットを後にしてしまう傾向があります。

チャンピオンシップ争いで脱落寸前なフィンランド人と、ここ一番だったのに最悪のブラックフラッグを頂戴したティフォジ期待のブラジル人は復活を遂げてくれるのか、大変、期待するところです。

イタリアのタブロイド誌のような論調になって来たので、お後がよろしいようで・・・。
チャカ♪、チャンリン♪、チャンリン♪デンデン・・・♪(落語調に…)
posted by ティフォジ at 00:00| F1第6戦 カナダ グランプリ 6/10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

カナダGP公式予選

F1シーズンも6月に入りました。
日本は梅雨の季節でジメジメした嫌な季節ではありますが、世界は広いです。
カナダGP予選のジル・ビルヌーブサーキットは快晴でした。

ジル・ビルヌーブ・サーキットは、公園ですので、いたるところで野外フリーコンサートが行われています。
ジル・ビルヌーブの奥さんジョアンナさんがいました。
(当然ですが、ジャック・ビルヌーブのお母さんになります。)

今年もサーキットは8箇所もの改装を行いました。
昨年は「改装箇所の路面がボコボコになった」などのクレームが多かったようですが、今年は概ね評判が良いようです。

今日の午前中に行われました、フリープラクティスの3回目。
ルノーのコバライネンがコース上にオイルを撒き散らしてしまい長時間もセッションが中断してしまいました。

残り時間のない中、全員が予選仕様で、全速力ソフトタイヤ出走しました。

そんな中、スーパーアグリの活躍が見られました。
佐藤琢磨が何と5位!デビッドソン10位の両者ベストテン入りを果たしました!公式予選に期待がかかります。

路面状況悪い中Q1が始まりました。2ラップできるのか、連続走行で、走りきるのかでチームの明暗が分かれました。

Q1残り9分で、またコバライネン(ルノー)が第1シケインでクラッシュしてしまいました。
これによりレッドフラッグが出ました。

ルノーはこれがなくとも予選前に、エンジン交換をしていたので、最後尾スタートになってしまっていました。
BMWの背中がやっと見えて来ていたのに残念なルノーです。

Q1の結果は
1位キミ・ライコネン
2位フェルナンド・アロンソ
3位ルイス・ハミルトン
4位フェリペ・マッサ
・・・・・・・・・・・・・
14位佐藤琢磨
15位ジェンソン・バトン
が、Q2進出
・・・・・・・・・・・・・・
17位アンソニー・デビッドソンが残念ながらQ1で脱落!
18位ラルフ・シューマッハが、2戦連続Q1で脱落。

Q2では、おしくも佐藤琢磨が11位で脱落してしまい、Q3進出の期待は決勝へと持ち越されました。

フェラーリが先端口を空けたノーズコーンを持ち込んで来ました。
パワステ冷やしの為らしいですが、効果の程は??らしいです。

Q3に入ると、各チームの戦略がタイムに現れます。
トップとラストのタイム差が約2秒も開きました。
というより、ルイス(マクラーレン)の異常な速さが目立ったと、言うべきでしょうか。

それと最後にハイドフェルドが飛び込んで来ました。
BMWの最近の強さに風が吹いて来たといえるのではないでしょうか。

ハイドフェルドは「ウチのマシンはハイスピードサーキットに強いから、明日は楽しみだよ。」と、コメントしていました。

我らがフェラーリが予選トップ3会見に出られらなかったのは、昨年の中国GP以来、8レースぶり、今季初めての事です。
ちょっと暗雲立ち込めるレースとなりそうです。

予選タイム結果
1位ハミルトン(マクラーレン)1'15"707
2位アロンソ(マクラーレン)1'16"163
3位ハイドフェルド(BMW)1'16"266
4位ライコネン(フェラーリ)1'16"411
5位マッサ(フェラーリ)1'16"570
6位ウェーバー(レッドブル)1'16"913
7位ロズベルグ(ウィリアムズ)1'16"919
8位クビカ(BMW)1'16"993
9位フィジケラ(ルノー)1'17"229
10位トゥルーリ(トヨタ)1'17"747
------------------------------------------
11位佐藤琢磨(スーパーアグリ)
12位リウッツィ(トロロッソ)
13位バリチェロ(ホンダ)
14位クルサード(レッドブル)
15位バトン(ホンダ)
16位スピード(トロロッソ)
------------------------------------------
17位デビッドソン(スーパーアグリ)
18位シューマッハ(トヨタ)
19位コバライネン(ルノー)
(最後尾スタート)
20位ブルツ(ウィリアムズ)
21位スーティル(スパイカー)
22位アルバース(スパイカー)
(ピットスタート)

明日の決勝は久々のハイスピードレースです。
このところ整然としていたレースも荒れる可能性があります。

常勝と言って良いマクラーレンがどんな戦略で、どんなレースを見せてくれるのか楽しみです。

我らがフェラーリはとにかくマクラーレンについて行くレースになりそうです。それでも、確実にポイントを挙げて行くのは大事な事です。

日本勢はトヨタのトゥルーリが10位で一番ですが、フォローであるはずのラルフが後方に沈んでいるので、かえって、ホンダ勢の方が期待できるかもしれません。

北米2連戦はいつも波乱が起こります。
結果、佐藤琢磨表彰台もありました。

波乱はフェラーリにとっては嬉しくありませんが、今回の予選結果をみると、波乱が起こって欲しい方に入ってしまいました。

日本勢もひと波乱起こって欲しい方に入っています。
風雨や気温、他チームの脱落というのは、何か正々堂々としていませんが、琢磨の表彰台は自ら掴み取った3位でした。

あんな、波乱が起きて欲しいです。
フェラーリF2007が、突然ストレートスピードで、他を圧倒するような事が望ましいです。

そんな、波乱を期待するティフォジなのでした。
posted by ティフォジ at 00:00| F1第6戦 カナダ グランプリ 6/10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。