2007年08月26日

トルコGPファイナル

レース開始直前のコンディションは、気温35℃、路面温度51℃、湿度26%で、予想通り気温と路面温度が非常に高いレースとなりました。

フェラーリの2台とレッドブルの2台、その他数台のクルマはソフトタイヤを履きましたが、その他の多くのクルマはスタートにハードタイヤを選択しました。

いよいよスタート!先頭で跳び出したのはマッサ。ライコネンが続き、ハミルトンは3位に落ちました。クビサ、ハイドフェルド、その後にアロンソが遅れてしまいました。

1周目を終えての順位は、マッサ、ライコネン、ハミルトン、クビサ、ハイドフェルド、アロンソ、コヴァライネン、ロズベルグ、クルサード、ウェーバー、ブルツ、リウッツィ、フィジケラ、デビッドソン、シューマッハ、バリチェロ、ビッテル、バトン、スーティル、トゥルーリ、山本左近、佐藤琢磨の順位です。
トゥルーリは1コーナーでフィジケラに接触されてスピンしています。

turkey0826gp.jpg
GPupdate

1STOP目のタイヤ交換、上位4人の順番です。
18周目、ライコネンがピットイン。ソフトタイヤを履いて出て行きました。続いてアロンソがピットへ。こちらはハードタイヤを履いてコースへ戻りました。

19周目、マッサがピットに入ります。こちらも再びソフトタイヤを履いています。ライコネンの前で再びコースに戻り、実質トップはマッサで変わりません。

20周目、ハミルトンがピットインしました。

33周目を終えて、ここまでの上位陣の順位は、1位マッサ、2位ライコネン、3位ハミルトン、4位アロンソ、5位ハイドフェルド、6位コヴァライネン、7位クビサ、8位ロズベルグの順。ハミルトンとライコネンの間はまだ14秒近く開いています。

2STOP目のトップ4のピットインの順番は、
41周目、ライコネンがピットインします。
42周目、マッサがピットイン。ハミルトンにトラブル発生。
43周目、ハミルトン緊急ピットイン。アロンソもピットインします。

このまま、レースは終盤かと思いきやここで突然の事故!
42周目にハミルトンが8コーナーから9コーナーに差し掛かる時、彼の右フロントタイヤのアウト側がチャンキング(引きちぎれ症状)が発生!すぐにピットイン。
3位から5位へ脱落してしまいます。

しかし、ハミルトンはこの手負いのクルマで第1セクターでファステストラップを叩き出します。それでも、前を行くハイドフェルドを抜く事はできませんでした。

スーパーアグリの2台は1ストップ作戦で行きました。

いささか退屈になってしまったこのレースですが、大事件はこのハミルトンのトラブルくらいでこのまま終ります。

DNFも1台のみでチェッカーフラッグを受けました。

フェラーリが1−2フィニッシュです。
マッサは2連覇のポールトゥウィンとなりました。


トルコGPファイナルリザルトは下記のとおり

1.マッサ(フェラーリ)1:26;42"161
2.ライコネン(フェラーリ)+2"275
3.アロンソ(マクラーレン)+26"181
4.ハイドフェルド(BMW)+39"674
5.ハミルトン(マクラーレン)+45"085
6.コバライネン(ルノー)+46"169
7.ロズベルグ(ウィリアムズ)+55"778
8.クビサ(BMW)+56"707
9.フィジケラ(ルノー)+59"491
10.クルサード(レッドブル)+1;11"009
11.ブルツ(ウィリアムズ)+1;19"628
12.シューマッハ(トヨタ)+1LAPS
13.バトン(ホンダ)+1LAPS+1LAPS
14.デビッドソン(スーパーアグリ)+1LAPS
15.リウッツィ(トロロッソ)+1LAPS
16.トゥルーリ(トヨタ)+1LAPS
17.バリチェロ(ホンダ)+1LAPS
18.佐藤琢磨(スーパーアグリ)+1LAPS
19.ビッテル(トロロッソ)+1LAPS
20.山本左近(スパイカー)+2LAPS
21.スーティル(スパイカー)+5LAPS
DNF
22.ウェーバー(レッドブル)+49LAPS


レース後、ドライバーズチャンピオンシップTOP4のインタビューです。

1位マッサ
「僕にとって、ここは特別な場所になったよ!本当に素晴らしい優勝だね!レースの間ずっと集中力を保ち、状況をコントロールしようとしていた。第2スティントの終盤に向かう時にだけ、7コーナーで小さなミスをしてキミ(ライコネン)との間に築いていたギャップを縮めることになって、彼にすぐ後ろに迫られてしまったよ。すごくいいスタートができて、たとえ難しいレースだったと言わざるを得なくても、クルマは完ぺきに動いてくれた。この結果はシーズン終盤ということを考えると、とても勇気付けられるものだ。このような週末が送れて、モンツァに向けて励みになるね。僕たちは同じやり方で作業を続けてベストを尽くさないといけない」

2位ライコネン
「もちろん優勝したかったけど、たぶんレースは昨日の予選で決まっていた。ライバルがチームメイトなら、あまり未知の要素もないし、何かを見いだす余地もない。でも他のチームの前でフェラーリ勢がフィニッシュできたことが重要だし、ともかく僕たちはチャンピオンシップリーダーに追いつきつつある。僕はいいスタートができたけど、少しアンダーステアが出て、数周走ったらなくなったよ。2つ目のタイヤのセットは最初のほど良くなかった。終盤でファステストを出したって?他のクルマの後ろにいることに少し飽きたから、どれだけ速く走れるか試したんだ。モンツァでは最高の状況でレースに臨めるように、予選をうまく戦う必要があるね」

3位アロンソ
「スタートで2つポジションを落とすのは予想していなかった。僕のレースは6番手で1コーナーに入った時に、ほとんど終わっていた。スタートから17周にわたって、ニック・ハイドフェルド(BMW)を追いかけていたけど、オーバーテイクするのはすごく難しかった。残念ながら、その時点で30秒遅れていたから、それを考えると3位はいい結果と言えるね。ルイスがパンクして、同じことが起こらないようにチームに気楽にいくように言われていたけど、すでにかなり後ろにいたから、僕のレースに大して違いはなかったよ」

5位ハミルトン
「少し運がなかったけど、それでも僕たちはいい仕事をしたし、チームは週末の間ずっと素晴らしかった。僕たちにはフェラーリと同じくらいのペースがあった。でも後ろにいると少しダウンフォースを失うんだ。僕たちはレースの大半で、彼らと対等だった。タイヤから何かが少し外れるのを見て、それから9コーナーでブレーキを踏んだ時にパンクしてしまったんだ。グラベルに突っ込まずに何とかピットに戻ることができて、ラッキーだったよ。最終的には2つポジションを下げただけだからね。それでもまだ僕たちはポイントを取ることができたし、5ポイント差でチャンピオンシップをリードしている。だからそう悪くはないさ」

turpod0826gp.jpg
GPupdate"Podium"

これで4強が3勝づつと並びました。

また、後半戦になり、各チーム持久力がついてきたのか、完走が21台と高完走率となりました。

ハミルトンのタイヤにだけ、ダメージが出たのにはびっくりしました。
ハミルトンがポディウムに上がれなかったのは、ニュルブルクリンク以来2回目です。

ドライバーズチャンピオンシップはフェラーリ視線で見ると、2人が食い合いをしているような形になっているので、タイトルを取るのが難しくなってしまっているのではないでしょうか?

まあ元々、エンツォ・フェラーリさんもドライバーズチャンピオンより、コンストラクターズチャンピオンを獲ることを重要視している風だったらしいので、コンストラクターズに絞って、とにかく1−2フィニッシュをすることを目標にしたらどうでしょう?

次は聖地モンツァですから、必ず勝たなくてはなりません。
どんなに汚い手を使ってでも勝ちましょう????
とにかく頑張れフェラーリ!
posted by ティフォジ at 00:00| F1第12戦 トルコ グランプリ 8/26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

トルコGP公式予選

イスタンブールサーキット
全長5.338km
58周(レースディスタンス309.396km)
ここは珍しい左回りのコースです。
予選当日の天候は晴れ。
当然、気温も高かったです。

turkey0825gp.jpg
GPupdate"IstanbulParkCircuit"


このコースはタイヤには厳しく、特に右フロントタイヤに厳しい負荷が掛かります。
これが、レースにどう影響するのか、予選とレースでの差が出るのかが面白いところです。
コーナーは、去年ミハエル・シューマッハがはみ出して、レースペースを乱してしまったターン8が見ものです。

昨年はフェラーリのマッサが初優勝したコースでもあります。
マッサはその実力を発揮できるでしょうか?
まずはQ1から開始です。

17.リウッツィ(トロロッソ)1'28"798
18.シューマッハ(トヨタ)1'28"809
19.佐藤琢磨(スーパーアグリ)1'28"953
20.ビッテル(トロロッソ)1'29"408
21.スーティル(スパイカー)1'29"861
22.山本左近(スパイカー)1'31"479

佐藤琢磨はまたQ1で脱落してしまいました。
スーパーアグリの現状では、今あるクルマで(進化なしで)頑張るしかないというのが、本音でしょう、残念(チ〜ン)

Q2になってもTOP4の戦いは変わりません。
ハミルトンはこのQ2”うまく行かなかった”と言いました。
Q2脱落者は次のとおりです。

11.デビッドソン(スーパーアグリ)1'28"002
12.ウェーバー(レッドブル)1'28"013
13.クルサード(レッドブル)1'28"100
14.バリチェロ(ホンダ)1'28"188
15.バトン(ホンダ)1'28"220
16.ブルツ(ウィリアムズ)1'28"390

デビッドソンは琢磨と対照的に頑張って11位に残りました。
今のスーパーアグリのクルマで11位はポールポジションに等しい結果だと思います。オメデトウ!!(しかし、彼の課題は決勝です。予選で琢磨をぬいている彼ですが、いつも決勝で負けてしまいます)

Q3の結果です。
アロンソが何故か最後のアタックにハードタイヤを使用しました。
ライコネンは最後まで良い感触で来ていたのに、最終アタックのセクター3で、修正を入れました?それで3位。
Q3の結果。

1.マッサ(フェラーリ)1'27"329
2.ハミルトン(マクラーレン)1'27"373
3.ライコネン(フェラーリ)1'27"546
4.アロンソ(マクラーレン)1'27"574
5.クビサ(BMW)1'27"722
6.ハイドフェルド(BMW)1'28"037
7.コバライネン(ルノー)1'28"491
8.ロズベルグ(ウィリアムズ)1'28"501
9.トゥルーリ(トヨタ)1'28"740
10.フィジケラ(ルノー)1'29"322

マッサは去年のここでポールトゥウィンを決めています。
2年連続のポールポジションです。
ライコネンは失敗して3位になったとはいえ、綺麗なラインの奇数列側をフェラーリが占められたのは上出来でしょう。

最後TOP4人の予選直後インタビューです。

1位マッサ(フェラーリ)
「タイトでした。Q1〜Q3までどれも気の抜けない4人の戦いでした。ハンガリーが悪かったので、(この結果は)良かった。8コーナーはうまくマネジメントできた。全体的なトラックもバランスが良かった。(今回の)フェラーリも速いが、マクラーレンも速いと思う」

2位ハミルトン(マクラーレン)
「Q1、Q2は良くなかったが、Q3で取り戻せたと思う。ここ直近のクルマの仕上がりも良い。我々は夏休みを取っていたわけではない。この3週間もファクトリーでは休まずに開発を続けていた。(予選前に)チームは2人のドライバーのクルーをそれぞれに分けてやることになった」

3位ライコネン(フェラーリ)
「全体的にオーバー(ステア)が出ていた。特に最後の2つのコーナーに(オーバーステアが)出ていた。なので、コーナーをまとめるのが難しかったし、8コーナーのマネジメントが大変だった」

4位アロンソ(マクラーレン)
「ハード(タイヤ)の方が速いと思った。最後のアタックに出て行った時にトラフィックに引っ掛かってしまったので、ポールポジションを逃した」

ロングランはフェラーリが強そうなので、明日はライコネンがスタートでいかに前に出るかがポイントになるでしょう。フェラーリはあと6戦全部で1−2フィニッシュを決めなければならないので、ひとつのミスも許されません。

一方、マクラーレンも楽な戦いではないので、内輪もめをしている場合ではありません。クルーをドライバー毎に分けたらしいので、前回のような失態はないでしょうが、何だか別チームのようで悲しみを
禁じ得ません。

最後に、ホンダの2台がエンジン交換をしたので、スターティンググリッドが、予選順位と変わります。
下記のとおりですので、ご参照を・・・。

トルコGP
スターティンググリッド

1.マッサ(フェラーリ)
2.ハミルトン(マクラーレン)
3.ライコネン(フェラーリ)
4.アロンソ(マクラーレン)
5.クビサ(BMW)
6.ハイドフェルド(BMW)
7.コバライネン(ルノー)
8.ロズベルグ(ウィリアムズ)
9.トゥルーリ(トヨタ)
10.フィジケラ(ルノー)
11.デビッドソン(スーパーアグリ)
12.ウェーバー(レッドブル)
13.クルサード(レッドブル)
14.ブルツ(ウィリアムズ)
15.リウッツィ(トロロッソ)
16.シューマッハ(トヨタ)
17.佐藤琢磨(スーパーアグリ)
18.ビッテル(トロロッソ)
19.スーティル(スパイカー)
20.山本左近(スパイカー)
21.バリチェロ(ホンダ)
22.バトン(ホンダ)
posted by ティフォジ at 00:00| F1第12戦 トルコ グランプリ 8/26 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。