2007年10月29日

ロンドンGP開催?

F1の首領(ドン)であり、イギリス人であるバーニー・エクレストンは(イギリスでの)ロンドンGPの計画検討はまだ終わっていないと語りました。しかし、これはエクレストン個人の考えであることも併せて明らかにしました。

2004年7月にロンドンの街でも一番賑わいのある場所であり、ピカデリー・サーカスから見る景色が一番美しいと言われる”リージェント・ストリート”でデモンストレーションランが行われました。

LONDON.jpg
ryoko.info."ロンドン/リージェント・ストリート"

その際に持ち上がったのがリージェント・ストリートを公道サーキットに改造しての”ロンドン・グランプリ”です。

素晴らしいデモンストレーションを見せた後、エクレストンは大ロンドン市長のケン・リビングストン氏と会談しました。その時、エクレストンは今のままでは、ロンドンの公道でグランプリが行われる可能性を否定しました。

demorun0706GP.jpg
GPupdate.net"デモンストレーションラン"

「金がかかりすぎるよ」とエクレストンはロンドンGPの可能性について語りました。

「あまりにも多くのことをしなければならない。(ロンドン)市街は6週間にわたって大騒ぎになるだろうね。いい考えだとは思うが、不可能だよ」

エクレストンはリビングストン市長がこのアイディアに強い興味を示していたことを認めましたが、このプロジェクトを遂行するのに十分な資金援助が得られませんでした。

「彼はある程度は喜んで援助をすると言ったよ。しかし、彼らが援助できる金額は、この企画を実行するにはほど遠い金額だったんだ」
と、エクレストンは締め括りました。

ロンドンの街をレーストラックに変える費用は高すぎる為に計画を進めることが困難だと考えられていました。

しかし、今月になって、(イギリス人である)エクレストンは、シルバーストンに改善の必要を迫っている資金が工面できればロンドンGP開催も夢ではないと語りました。

ecclestone1027.jpg
GPupdate.net"Ecclestone"

「もしそれができれば素晴らしいだろう」
と、彼はイブニングスタンダード紙に語りました。

「この考えは暗礁に乗り上げたわけではないよ」

つまりロンドンGPは夢ではないということです。
モナコGP、シンガポールGPなどに続いてまた公道サーキットが増え、環境問題などはあるでしょうが、人口サーキットの多い現状から鑑みますと楽しみがまたひとつ増えますね。

お台場サーキットもあるし、エクレストンには頭の痛い話が次々とやってきます。公道サーキットが夢に出て来るのではないでしょうか?

しかし、リビングストン市長や石原都知事にとっては頭が痛くて夢に出るのではなく、”子供達やファンのドリーム”として夢が叶うことを願っているのではないでしょうか。
posted by ティフォジ at 15:19| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

2008年カレンダー正式発表

21年ぶりの三つ巴対決を繰り広げ、劇的大逆転劇を展開して、とてもエキサイティングなシーズンになった2007年フォーミュラワンワールドチャンピオンシップでした。

F1Start2007GP.jpg
GPupdate.net"2007 Formula 1 World Championship"

ブラジルでの興奮冷めやらぬ中、24日に、フランス・パリのFIA本部で世界モータースポーツ評議会(WMSC)の会合が行われ、2008年F1世界選手権の正式カレンダーが発表されました。

カレンダーによれば、開幕戦は3月、最終戦は11月となります。またレースは全18戦で、2007年と比較すると1戦増加することになりました。

また、カレンダーからはアメリカGPがなくなり、北米ラウンドとして開催されるのはカナダGPただ1戦のみとなってしまいます。

ヨーロッパラウンドの最初のレースは4月27日にスペインの”サーキット・デ・カタルニヤ”で行われるスペインGPとなります。

来年からはスペインで2レースが開催されることが正式決定しました。
スペインで行われる2つ目のレースは、正式にはヨーロッパGPと呼ばれ、8月24日にヴァレンシア市街地コースで開催されます。

そして、懸案だったシンガポールGPも正式にカレンダー入りし、日本、中国の極東ラウンドの前の9月28日に決定しました。このシンガポールGPは1950年に発足したF1世界選手権史上初のナイトレースとして開催されることになっています。

また、ニュルブルクリンクとホッケンハイムで隔年開催となっているドイツGP(2007年はニュルブルクリンクでのヨーロッパGPだった)は、2008年はホッケンハイムでの開催を予定しております。

さらに、これまでシーズン後半に位置していたトルコGPが5月11日に移動しました。

そして今年、観客輸送問題などで、初開催に汚点を残してしまった富士スピードウェイでの日本GPは10月12日に開催されます。今年の汚名を挽回できるでしょうか。トヨタさん頑張って下さい。

FIABanner2007GP.jpg
GPupdate"FIA's Banner"

2008・FIA・フォーミュラワン
ワールドチャンピオンシップカレンダー

・日程・・/グランプリ名(開催地)
3月16日/オーストラリア(メルボルン)
3月23日/マレーシア(セパン)
4月06日/バーレーン(サキール)
4月27日/スペイン(バルセロナ)
5月11日/トルコ(イスタンブール)
5月25日/モナコ(モンテカルロ)
6月08日/カナダ(モントリオール)
6月22日/フランス(マニクール)
7月06日/イギリス(シルバーストーン)
7月20日/ドイツ(ホッケンハイム)
8月03日/ハンガリー(プダペスト)
8月24日/ヨーロッパ(バレンシア)
9月07日/ベルギー(スパ・フランコルシャン)
9月14日/イタリア(モンツァ)
9月28日/シンガポール(公道ナイトレース)
10月12日/日本(富士)
10月19日/中国(上海)
11月02日/ブラジル(サンパウロ)
posted by ティフォジ at 14:13| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

2007年、マクラーレン コンストラクターズポイント剥奪!

マクラーレンとフェラーリの間に巻き起こったスパイ疑惑に関して13日(木)、フランス・パリで行われた世界モータースポーツ評議会から裁定が下りました。
内容は下記のとおりです。

mc2007gp.jpg
GPupdate

FIAによる声明
世界モータースポーツ評議会(WMSC)の臨時会議が2007年9月13日にパリで開かれ、以下の内容が決定された。

・WMSCは、2007年FIAフォーミュラワン世界選手権におけるボーダフォン・マクラーレン・メルセデスの全てのポイントを剥奪し、残りのシーズンもポイントを獲得できない。さらに、チームは1億ドル相当の罰金を支払い、ポイント控除の結果としてFOMの収入を失うことになる。(※1)
・しかし、例外的な状況として、FIAはチームのドライバーに対して証拠提出の見返りとして免除を行い、ドライバーのポイントにはペナルティを科さない。(※2)
・WMSCは、2008年のマクラーレンのクルマに関する全ての技術レポートを受け取り、2007年12月の会議で必要とあらばチームの2008年シーズンに対して制裁措置の決定を行う。

この決定についての全ての根拠は2007年9月14日に発表される。

※1:他のチームが今シーズンに獲得したポイントについては影響を受けない。
※2:マクラーレンのドライバーが2007年シーズンの残りのレースで優勝しても、チームの代表者が表彰台に上がることは許されない。

木曜日の公聴会とその処罰により、マクラーレンは罰金を課され、2007年のコンストラクターズ選手権から除外されることとなりました。これについてマクラーレン・メルセデス代表、ロン・デニスは次のような声明を発表しました。

dennis2007f1.jpg
F1-Live.com"Dennis"

「最も重要なことは、我々が今週末と今シーズンの残り、そして今後のシーズンもレースに参加するということである。これはまた、我々のドライバーたちが世界選手権を戦い続けることができるということでもある。しかし、今日の公聴会を終えてもなお、私は、我々がこのような形で処罰を受けるに値するようなことをしたとは認めていない」

「今日我々のドライバー、エンジニア、そして従業員からFIAに提出された証拠は、我々が漏えいした情報を利用して競争で優位に立とうとはしていなかったということを明らかに示すものだった」

「我々のドライバーが送受信したEメールや文書の多くは報道と今日の公聴会によってでっちあげられたものである。フェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトン、そしてペドロ・デ・ラ・ロサは、マクラーレンがいかなるフェラーリの情報も利用しておらず、彼らもいかなる機密情報もチームに流していないとする声明を世界モータースポーツ評議会に提出した」

「140人を越える技術チームの全員が、フェラーリの情報を決して使っていないとする証言をFIAに提出した」

「我々は、フェラーリからの情報を我々の従業員が自宅に個人的に所有していたことは決して否定していない。問題は、この情報をマクラーレンが利用したかどうかだ。そしてそれは事実ではなく、そのことが今日は立証されなかった」

「マクラーレンが情報を利用しなかったかとすれば、なぜステップニーとコフランはフェラーリに関するこれらのデータを集めていたのかと、我々は繰り返し尋ねられた。コフランとステップニーが今日の公聴会に証拠を提出しなかったので我々は推察することしかできないが、すでにホンダとトヨタが認めているように、彼ら2人が他のチームへの移籍を検討していたことは分かっている」

「我々はいかなる段階においても、他のどのチームの知的所有物も利用しておらず、2008年シーズンについては何の問題もないだろう」

一方、スクーデリア・フェラーリ・マルボロは声明で次のようにコメントしました。

todd2007gp.jpg
GPupdate"Todd"

「フェラーリチームは、マクラーレンが国際スポーツ規約第151条に触れたことに対するFIAの処罰の決定について承認する。新しい証拠により、このスポーツにとって非常に深刻な偏見を抱かせる事実と行動が更に明らかとなった。フェラーリは真実が明らかとなったことに満足している」

公聴会の結果について、メルセデスベンツ・モータースポーツ副社長のノルベルト・ハウグは次のように言いました。

haug2007gp.jpg
GPupdate"Haug"

「この裁定はチームメンバー全員にとって非常にショックなことであり、多くの人々やメディア、F1の視聴者の反応が示したように、一般大衆の大部分にとっても衝撃的なことである。今後はモンツァで行ったようにサーキットで適切な回答を示すために全ての決意とともに戦い、法廷で正当性を手に入れたい」
posted by ティフォジ at 16:29| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

マクラーレンのスパイ疑惑

以前もこのたぐいの話を僕はするのがあまり好きじゃありませんと、書きました。
でも、新展開して、マクラーレンの幹部が召喚、事件の発端はアロンソにあるのではとなって来ると話は違います。また、少し書くこととします。

マクラーレンによりますとこの9日、フェラーリの申し立てより、マクラーレンの幹部に対し、スパイ疑惑に関連して調査が行われるという旨の通知が送られています。

マクラーレンは9日朝、イタリアのモデナの判事がフェラーリからの申し立てを受けて起こしたこの行動についてコメントを発表しています。この件は、FIAによって行われている審議とはまったく関係なく行われているということです。

ロン・デニスはどこかの国の宰相の様に辞任せず、マクラーレンに残る事を表明しています。

ロン・デニスは、現在のスパイスキャンダルが彼がF1に関わってきたこの30年以上の間に経験したことのないような厳しい試練であることを認めていますが、マクラーレンの指導者として残ることを誓いました。

rondennis2007gp.jpg
GPupdate"Ron Dennis"

「私に出ていってほしいと思っている人間が、身近に何人かいることと思う」
と、ロン・デニスはモンツァの報道陣に対して言いました。

「もしそれが会社の利益のために最善だと思えば、躊躇なくそうするよ。しかし、私はそれが正しいことだとは考えていない」

と、ロン・デニスは考えているようです。

でも、来季のシートに関しては、フェルナンド・アロンソを放出し、別のドライバーを考えているようです。

それはもうすでに来季の契約を済ませているチームにとっても欲しいドライバーです。
違約金を払ってでもカーナンバー1(まだ確定していませんが)を付けることは、チームのモチベーション向上だけでなく、スポンサーへの大きなアピールになること間違いなしだからです。

そうなると、全チームがアロンソを欲しいし、逆を言えば全チームのドライバーズシートが空いてしまった(現ドライバーを放出する)とも言えるのです。

まあ、少々大袈裟かもしれませんが、今季のレース同様シート獲得は大混戦になる可能性大ということです。

話が反れましたが、イタリアGPのスタンドからもこのスパイ疑惑で、ティフォジに攻撃を受けました。

フェラーリファンたちはイタリアGPで、フェラーリからのスパイ情報を受け取った疑惑にさらされ、さらに不満を抱えているフェルナンド・アロンソを監督するマクラーレンのロン・デニスを批判しました。

イタリアGPで、ある横断幕には、
「おいデニス、お前が持っているF2008(フェラーリの来期のマシンのNo)の設計図を俺にくれよ!俺の電話番号は003406812345だから電話してくれよな!」
と書かれていました。

sff2008f1.bmp
F1-Live.com"上記内容が書かれた横断幕"

さらに別の観客は、マクラーレン内に不満を持つアロンソとデニスの関係について批判した横断幕を掲げていました。

最近アロンソは、今シーズンの自らの努力にも関わらず、チーム内からはそれに見合った評価をされていないと愚痴をこぼしているのです。

その横断幕は、
「ロン、昨年のマクラーレンはハッキリ言ってオンボロだ。だけど今は勝っているじゃないか」から始まり、

「それって、アロンソのおかげなんじゃない?」
と、終っていました。

また、もうひとつの横断幕は26歳のアロンソに向けた個人的なメッセージのようでした。
「アロンソ、君はチームを勝たせるために力を貸した。だがチームは君が負ければいいと思っている。それのどこが平等なんだ?フェアプレイというものを忘れてしまったのか?」

本家ティフォジたち(だけでないイタリア人たちも)は意地が悪いことをズケズケと横断幕に書き立てます。アロンソ本人も最近はコンストラクターズタイトルよりもドライバーズチャンピオンが重要だと認めています。

これが、本当ならアロンソが現在、中盤にいるBMW、ルノー、ウィリアムズに移籍なんて事も考えられます。

どうせなら日本勢、トヨタ、ホンダ、スーパーアグリにカーナンバー1がつくのも格好が良いかもしれません。私が思うに、カーナンバー1は、時間が掛かってでも実力で獲って欲しいかな・・・。

話がバラバラになりましたけれど、ロン・デニスさんは今、非常に厳しい立場におり、苦しい決断を迫られている事は確かです。

ロン・デニスの苦渋に満ちた顔はレース中にピットで、見たいものです。(つまりフェラーリにオーバーテイクされる事)フェラーリの設計図を盗んだのがばれて、苦しくなるロン・デニスの顔なんか見ても面白くも何ともないです。

しかし、本当に設計図、盗んじゃったんでしょうか?もう、私にとってはどうでもよい話題になりつつありますが、世間はどうも許してくれないようです。もしこの盗難事件が本当ならば、せこい話ですよね。

F1ももっと本当のハイテクにならねばと思います・・・。
posted by ティフォジ at 11:58| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

HUGO BOSS<F1の老舗>

私はF1アパレルフェチだと以前書きましたが、今日はその中でもF1アパレルでは老舗の”HUGO BOSS”をフィーチャーしたいと思います。

ボスはご存知の人はご存知でしょうが、ヨーロッパでは有名なドイツのアパレルメーカーのひとつです。ヨーロッパのファッションの中心はイタリアなので、ドイツにありながらにして、イタリアのメーカーと思っている人も多いんじゃないでしょうか。
でも、ドイツのメーカーらしく、しっかりとした縫製であるとか、職人気質のところがしっかり残っているちょっと日本っぽいところもあるおもしろいメーカーです。
(って、私はボスの回し者ではありません)

私がHUGO BOSSなる会社を気にしたのは1990年頃のマクラーレンというよりセナのシートベルトに「BOSS」と入っていたのが初めてじゃないかな?

Senna.jpg
(MCLAREN)

私は最初は無論レースだけに興味があり、アパレル自身には何の興味もなかったので、ボスと聞いても、ご他聞に漏れず、缶コーヒーの宣伝ぐらいに思っており、
「日本の缶コーヒー会社もものすごいスポンサー料を払う力があるんだなあ・・・。」
ぐらいにしか思っていませんでした。

意識し出したのは、フェラーリファンである私が1997年にミハエル・シューマッハが着ているチームシャツなどがアメリカンカジュアルのトミーヒルフィガーになった時からです。
フェラーリのアパレルの歴史は後日書きたいと思いますので、今日はこの辺で。

とにかく、アパレルが気になりだした私はコーヒーのボスではなく”HUGO BOSS”に興味を持ちました。
そんなに気にしだしてから日が浅いので、ボスがマクラーレンをどのくらいの期間サポートしているのかわかりませんが、どうも1981年からのようです。

マクラーレンは1998年からメルセデスベンツとタッグを組みましたが、しばらくはシャーシのカラーもそれまでのマルボロカラーのままでしたが、(詳しくありませんが)その内、シャーシもスタッフスーツなども一新して銀色のカッコイイカラーリングになりました。
スタッフのチームシャツや特にスーツは真っ黒の渋いカラーに統一され、スターウォーズを思わせるような格好の良いスーツ軍団でした。

overalls9501.jpg
(Newplot)

昨年から、"Vodafone"がスポンサードする予定(結局、昨年はだめだった)になり、今年、見事に変身を遂げたのがマクラーレンでした。
真っ白のスーツにオレンジのVodafone腹巻という斬新なデザインでした。
私ははっきり言うと残念です。
シャーシデザインも銀色にオレンジが入り、中途半端なカラーリングだと思います。

MCLAREN3.jpg

(f1Racing-Live.com)

本当に今までの方がずっと格好良かっただけに残念です。
今回、適切な写真が見つからなかったので、掲載できないで残念ですが、この文章で少しご理解戴けるとありがたいです。

HUGO BOSSは良いブランドで私にはとても手が出せないような高価なブランドです。
それだけにブランドイメージがあります。
渋いボスブラック、スポーティ&カジュアルなボスオレンジ、ゴルフなど新規参入スポーツはボスグリーンとブランドイメージを作っているボスだと思います。
ボスはボスブラックだけだったのに、最近このようなブランドイメージ分けを始めたのでかえって、モータースポーツにも影響してしまったのではないでしょうか?

モータースポーツでも、ブラックイメージのHUGO BOSSで頑張ってほしいです。
posted by ティフォジ at 12:09| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。