2007年10月10日

ラルフ・シューマッハ引退

言わずと知れた過去7回のワールドチャンピオンに輝いたF1ドライバーである、ミハエル・シューマッハの実弟です。

今日は、ラルフの輝かしきドライバー人生とその最後を見ながら、みなさんとお別れをしたいと思います。

兄ミハエルと同じくカート競技、フォーミュラ・フォードなどを経て、1994年にドイツF3初参戦、シリーズ3位に食い込み注目されます。

Ralf1002GP1.jpg
GPupdate"Ralf"

1995年のマカオGPでは史上初めて、兄弟で優勝の記録を達成しました。

1996年、ミハエルの勧めもあり、ラルフは舞台を日本に移しフォーミュラ・ニッポンと全日本GT選手権に参戦します。Fポンでは3勝を挙げ初代チャンピオンを獲得、マクラーレンF1 GTRを駆ったJGTCでもシリーズ2位と活躍をしました。

1997年、これもまたミハエルと同じく、ジョーダンからF1デビューを果たします。
1998年もジョーダンから参戦、17戦中10戦リタイアというドライビングの荒っぽさを見せ付けました。

1999年から名門ウィリアムズに移籍しますが、兄ミハエルのフェラーリ黄金時代でしたので、勝利することすら難しい時代でした。

そんな中、彼がF1初勝利を挙げるのは2001年第4戦サンマリノGPでした。

2004年アメリカGPで、高速の最終コーナーで大クラッシュを起こし背骨を負傷、6戦欠場を余儀なくされ、結局この年は未勝利に終わったという年もありました。

ラルフのF1キャリアにとって大きな転機となる2005年シーズンがやって来ます。彼はF1初参戦のトヨタに移籍し、第2戦マレーシアGPで5位フィニッシュ、初入賞を記録しました。
以後もコンスタントに入賞を記録し、ついにハンガリーGPで移籍後初となる3位表彰台を獲得しました。また日本GPでポールポジション、中国GPで3位表彰台を獲得するなど終盤戦でも活躍して計14戦で45ポイントを獲得し、チームメイトのヤルノ・トゥルーリをドライバーズランキングで上回ることとなりました。

昨年2006年はドライバーズポイント20ポイント10位と振るわず、今年も第15戦日本GPを終った時点のポイントは5ポイントでランキングも14位とそろそろかという噂は流れていました。

ラルフはトヨタから今季限りで離脱する事を表明しました。
「トヨタにドライバーとして3年間在籍したが、僕は新しいチャレンジを目指すことにした」と、今シーズンはずっと苦しみ続けたラルフは語りました。

「僕は大きな期待をもってトヨタに加入した」と彼は続けた。「新しいクルマやチームを作っていくという仕事に関与できるのはとてもエキサイティングな挑戦だった。でも、何年もの間、競争力のあるクルマを待ち続けていたんだよ」

Ralf1002GP2.jpg
GPupdate"Ralf"

と、トヨタの不甲斐無さを訴えた形です。

一方でトヨタ F1 チームもラルフの離脱を容認するコメントを発表しました。
ラルフの決意について、トヨタ F1 チーム社長のジョン・ハウエットは次のように語りました。

「ラルフの決定を受け入れ、彼の未来が素晴らしいものになるように願っている。基本的にはこの件がトヨタの立場を変えることはないだろう。我々は現在もドライバーマーケットの状況を見ている。今回の件はラルフが我々の候補リストの一部でなくなったことを意味し、2008年シーズンに向けたドライバーラインナップについて発表する準備が整い次第、発表を行う予定だ」

世界一の販売会社に大きく期待して加入したドライバーと、それをあっさりと裏切った会社という構図が見えてきます。私たちサラリーマン社会にもよくある構図ですね。

大企業に就職出来たからって、必ずしも夢の様な将来が待っているわけじゃない、でも、本人にも少なからず問題があったともいえるんじゃないでしょうか?厳しいですね。ドライバーはマシンの部品じゃないですから・・・。
posted by ティフォジ at 14:58| トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

来季トヨタのシートに中嶋一貴?

ドイツの「シュポルト・ビルド」紙によると、来季(2008年)のパナソニック・トヨタ・レーシングチームのシートのひとつは今季ウィリアムズチームのテスト&リザーブドライバーを務める中嶋一貴だと報じました。

nakaji2007gp.jpg
GPupdate"Kazuki Nakajima"

ウィリアムズは今季トヨタエンジンを搭載しており、それも来季のドライバー選択のひとつの要因ではないかと思われます。中嶋一貴は、ラルフ・シューマッハと入れ替わると言われています。

中嶋一貴はみなさんよくご存知の日本人初のフルタイムF1ドライバー、中嶋悟さんの息子さんです。

ラルフ・シューマッハは32歳、中嶋一貴22歳という歳の差も要因と、あるトヨタの関係者は語っています。
今季、ここまでラルフはチャンピオンシップポイント5ポイントで、あまり良いパフォーマンスも見せておりません。

先のトヨタ関係者は、
「成功を収めているハミルトンとマクラーレンの例もあり、若い才能を起用するという方針は日本のトヨタ本社の注意を引いているようだ。」
そして
「一貴は若く、日本人でもあるしね」とも、言っています。

また、年棒もあります。ラルフの年棒は年間1,900万ドル(約22億円)とも言われており、中嶋一貴との差は歴然としています。

中嶋一貴は今シーズンからF1の1つ下のカテゴリーであるGP2に参戦しており、安定した成績を残しています。

また同紙は、中嶋一貴が来期のトヨタのレースシートを争うライバルはラルフではなく、現在BMWザウバーのテストドライバーでありGP2のチャンピオンシップリーダーでもあるティモ・グロックだと予想しています。

しかし、まだあくまでも、来季シートのリストに載ったということであって、確定したわけでもなく、チームもリリースはしておりません。

私はてっきり、中嶋一貴はウィリアムズ・トヨタチームからデビューと思っていましたので、この報道には少々驚いております。

toyota2007f1.jpg
F1-Live.com"Ralf Schumacher"

トヨタチームは今までもコンサバな戦略で通してきました。
それによって多くの失敗もして来ました。ですから、失敗する可能性の強い中嶋一貴のような新人をシートに置くとは考えにくいと個人的には思います。

この報道が実現するように願いたいものです。
posted by ティフォジ at 21:28| トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

トヨタのモンツァテスト

モンツァはF1が始まった1950年から現在まで、1980年にイモラで開催された以外は毎年イタリアGPが開催されています。

今年で57回目の開催になります。現在F1が開催されているサーキットの中で平均速度が最も速い最高速度370.1km/hの超高速サーキットです。無論、空力は超低圧になります。

各チームは今度のイタリアGPに向けてテストを行っています。
その中に日本勢期待のパナソニック・トヨタ・レーシングも疾走しました。

トヨタは、モンツアテスト2日目を迎えました。28日(火)に引き続き、2日目もヤルノ・トゥルーリがテストを担当しました。

トゥルーリはやはり地元グランプリという事でチカラが入っています。

低ダウンフォースで戦われるイタリアGPへ向けた空力パッケージの開発を継続しました。

降雨のために、チームは若干の時間を失うこととなりましたが、実際のところ、降雨に見舞われたのは昼食時間帯で、この間にギアボックスのチェックも行う予定であったので、影響はありませんでした。

トゥルーリは2日間のテストを成功裏に終え、地元グランプリに向けて、セットアップで良い進歩を成し遂げた事に満足した様子でした。

toyota0830f1.jpg
F1-Live.com"TOYOTA"

テストは明日も続行され、今度はラルフ・シューマッハが担当する予定です。降雨の影響でモンツァテストは4日間に延長される事が決定されました。

トゥルーリはテスト終了後、次のようにコメントしました。
「いい一日を過ごすことができ、クルマの様々な部分を改善できたよ。ブレーキの安定性には満足しているし、空力のセットアップも力強い進歩を遂げることができたんだ。ラップタイムを改善し、それはポジティブなことだったよ。今は来週のモンツァでのイタリアGPで力強いレースができる自信があるよ。地元のファンは情熱的で熱狂的で、この2日間もまたそうだったよ。みんなに元気を与えられるといいね!」

テストチームマネージャーのゲルト・プファイファーは次のように
言いました。
「モンツァはクルマのセットアップの面では独特なものであり、今日は空力とブレーキの両方で明らかな進歩を遂げることができた。満足しているよ。ヤルノはクルマにより満足感を覚えたが、それはF1カレンダーのなかで最も速いトラックで重要なことだ。明日はラルフがコックピットに座って再びスタートする予定で、天気が良ければ予定されている作業を完了することができるだろう」

トルゥーリさん、地元パワーで高速サーキットを制して下さい。
そして、ポディウムに日の丸が揚がるよう頑張って下さい!
posted by ティフォジ at 00:00| トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

新潟中越沖地震と自動車メーカー

「天災は忘れた頃にやって来る」
中谷宇吉郎という物理学者が言ったことわざです。
先日、新潟中越沖で、また大地震が起こりました。

この地震によって、自動車部品の「ピストンリング」「シールリング」を製造している部品メーカー”潟潟Pン”社も被災し、製造設備の横ズレなどにより製造停止し、部品引き受け先のトヨタを始めとした自動車メーカーからの要員派遣等により、生産復旧の目途が立つようになりました。

リケンの「ピストンリング」はエンジン内のピストンにはめ込まれ、燃焼ガスが漏れないよう密閉し、さらにピストンの熱を外に逃がす機能がある部品で、国内シェア50%を占めています。

「シールリング」は、変速機に装着し、機内の油圧を保って部品の磨耗を防ぐ役割がある部品で、リケンは国内シェア70%を占めています。

トヨタなど自動車メーカーはいわゆる”カンバン方式”を採用しており、通常は約2時間分の在庫しかもっておらず、地場2次メーカーに対し、7月20日は部品を納入しないよう通知しました。ただ、正確に受注に合わせられない地場の2次、3次メーカーは在庫を抱えざるを得なくなるということだそうです。

この2次、3次メーカーも地場なので被災しており、メーカーはそこまで応援に回れず、トヨタは21日未明まで生産を止めることで、約2万6000台分(ダイハツ工業などへの生産委託分も含む)の減産となる見通しだそうです。

g^.jpg
毎日新聞社"トヨタ自動車"

19日にはホンダ、マツダ、日野自動車、三菱ふそうトラック・バスが新たに生産停止を決め、日産ディーゼル工業といすゞ自動車も21日の休日稼働の中止を明らかにしました。

トヨタ自動車株式会社は次の支援を決めました。
・社会福祉法人新潟県中央共同募金会に対し、2千万円の義援金を寄付。
・全国社会福祉協議会に対し、車両2台の貸し出しを実施。
・NPO法人 日本災害医療支援機構に対し、車両2台の貸し出しを実施。

本田技研工業は次のように支援を決めました。
「被災地に対して、既に汎用製品(発電機、ポンプ等)の物資提供を申し出ておりますが、更に義援金として、日本赤十字社を通して5百万円を支援させて頂きます。」

中越沖地震は自動車部品メーカーにとっては、大災害でした。
ミハエル・シューマッハなら、津波の時よろしく、もし自分の地元であったならば、個人で数億円の義援金を出した事でしょう。

F1も何か協力すべき時だったのではないでしょうか?
部品がなくてトヨタ(RVX−07)、ホンダ(RA807E)のエンジンが作れないという話はF1では聞きませんでした。

でも、これは偶然なだけだったのかもしれません。もしかしたら、ハンガリーGP、トルコGPに8台のクルマが出走できなかったかもしれないのです。

不幸中の幸いだったのかもしれません。トヨタ自動車、本田技研ではなく、トヨタF1チーム、ホンダレーシングチームとして、何かできなかったのか、知恵を出しても良かったし、単純に義援金を出すだけでも良かったのではないでしょうか?

先日、ブラジルで航空機事故があった時にフェラーリのマッサはヨーロッパGPで、追悼の意を表して、黒いものをヘルメットやスーツなどに付けました。日本勢は今回こんな事もやっていません。

エコカー、アースカラーと、地球に優しいチームであるならば、グローバルチームであっても、日本の、それも自動車部品メーカーさんが困っておられる時に出て行っても決して出しゃばりではないのではないかと思います。

それともトヨタはドイツ、ホンダはイギリスの会社にでもなってしまったとでも言うのでしょうか?自動車メーカーとレーシングチームは別だと言うのでしょうか!

と、ここまで記事を書いていましたら昨日、リケンさんは稼動再開が決まったとニュースになっていました。おめでとうございます。

でも、レーシングチームが何か災害に対して動くというのは、今では自然な流れのような気がします。

「天災は忘れた頃にやって来る。」
他人事として、天災を捉えない方が良いと思います。
いつもお世話になっているのは、油圧系全部を製造している会社(そんな会社があるのか知りませんが、琢磨は油圧系で昨日のGPを落としました)も、ビス1本を作っている会社もみな同じなのではないでしょうか。

ちょっと言いすぎたかもしれません。暴走してすみません。
しかし、
今日のニュースで11人もの尊い命が失われた災害だったのに・・・。
それも自動車部品工場が操業停止になったというのに・・・。
何もしなくてよかったのか、私は少々疑問でありました。

最後に犠牲になった方々に、お悔やみを申し上げたいと思います。
posted by ティフォジ at 10:25| トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

トヨタ初の世界一 (4/25)

トヨタが24日発表した2007年1〜3月期の世界販売台数(子会社のダイハツ、日野自動車を含む)は、234万8千台となり、米ゼネラルモーターズ(GM)グループ全体の226万台を超え、四半期ベースで初めて首位に立った。(毎日新聞25日1面)

トヨタの2006年の販売台数は過去最高の880万台を記録しましたが、GMの909万台には及びませんでした。トヨタは今年の計画台数を934万台としています。
GMを抜いて世界一達成が確実視されていますが、年初からGMを上回る順調なスタートとなりました。

2006年に既にトヨタは世界一を噂されていましたが、GMがアジア市場で台数を伸ばしたので達成できませんでした。
トヨタもホンダも海外での売り上げは伸びているものの、国内の販売台数は若干低下傾向にあります。これは一部では「日本国内は今、液晶テレビを始めとする家電ブーム。それに影響されて、自動車車検を1回伸ばす傾向にある。従って、車の売れ行きも低調ムードになっている。」と、言われています。

日本国内はいいとして(よくありませんが)、欧米、北米で伸びているというのは、非常にいい事です。
これもトヨタが今までの”省エネ・コンパクト・ファミリーカー”のイメージから脱出して、スポーツカーのイメージがついて来たからもあるのではないでしょうか?
それはひとえにF1参戦が影響していると思います。

BS-TOYOTA.jpg
(BRIDGESTONE)"TOYOTA F1 TEAM"

多くの自動車会社がF1に直接参戦するようになって来ました。
これはただ単にノリや、パーツ供給によるお金儲けで参戦している訳ではない事は明白です。
F1参戦によって企業のブランドイメージを高めようというのが主な狙いです。
それがトヨタの場合、欧米や北米で、今までのブランドイメージを一新できたと言えるのではないでしょうか。
さらにF1はこれから中東・アジアに進出していますので、この地域でのブランドイメージを変える事ができるでしょう。

日本国内に目を向けると、自動車レース自身が、一部のマニアのもののような感じでした。
これからは、日本グランプリも毎年集客人数を増やしていますし、今年は関東圏の”富士スピードウェイ”(これもトヨタ所有の)での開催とあって、もっとマニアだけでない広くポピュラーなスポーツとして認知されて来るでしょう。

そうすれば、現在下降気味の国内販売台数も増えるでしょう。
その為には、トヨタは勝たなければいけません。
”強いトヨタ”(=強い日本)であるが故に、モータースポーツの繁栄があると思います。
段々、評論家のような文章になって来てしまいましたが、これは私の願望でもある訳です。

マシンのシャーシが、エンジンが、ドライバーが、と、難しい事は私にはわかりませんが、世界一の販売会社ならば世界一のお金をかけられる可能性もある訳ですから、世界一=ワールドチャンピオンに近い位置にいるはずです。
これまで3戦やって、トヨタはヤルノ・トゥルーリの7位が最高位で総合ポイントも5ポイントで5位に位置しています。

まだまだシーズン序盤ですから、もっと巻き返してせめて優勝にからんで来るぐらいの走りをしてほしいと思います。
そして、今年1977年以来の”富士スピードウェイ”でのF1開催です。
トヨタにはF1のFSW再来の初代優勝者になってもらえないでしょうか?
posted by ティフォジ at 16:11| トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

世界のトヨタ!

メルボルンにはトヨタ自動車奥田前会長がお見えでした。

そのメルボルンでのトヨタのリザルトは、
8位ラルフ・シューマッハ
9位ヤルノ・トゥルーリ
でした。

レース後の新居エンジニアは、
「ポイントが獲れ、2台が走りきったという点は開幕だし、良かった。(略)トップとの差が大きすぎるのが不満です。クリアラップでもペースが上がらなかった。(略)この結果がうちのクルマの実力とは思いません。予選は及第点を取れましたが、決勝では及第点には届かなかった。」
と、言っていました。

toyota_ralf.jpg
(TOYOTA)

確かに同じエンジンを使うウイリアムズのニコ・ロズベルグが予選で12位、決勝で7位だったことを考えると、まだまだ課題が多いと言わざる得ません。
シーズン前のシェイクダウンの時にその新居エンジニアはこう言っています。
「(略)TF107はTF106Bでいれられなかったアイディアもすべて取り入れることができました。メルボルンまでにはもっと煮詰めるつもりです。」
そうです。当然ながらトヨタは進化を遂げ続けてここまで来ています。
しかしながら、(当然ながら)他チームも進化し続けているのも確かです。

F1は進化し続けないと負けてしまうのは当然の世界です。
スーパーアグリが4年前の(アローズ?の)シャーシを使って勝てる訳がないのです。
トゥルーリは開幕前に(要約すると)「いいシャーシができたと思うけど、結局は、走ってみて、ライバルとの位置関係がどうなるかだ。」
と、言っていましたし、

toyota_trulli.jpg
(TOYOTA)

ラルフも
「このクルマ(TF107)を走らせてみて一瞬でいいクルマだと感じた。」
と、言っていました。

結果は上記のとおり可もなく不可もなくといった位置関係でスタートしてしまいました。
このままで行くと、今シーズン中盤あたりで、上位陣が脱落してくれるのを待つレースしかなくなってしまいます。

トヨタは去年からブリジストンに履き替えており、BSの実力も使い方もわかっているはずなのだから、そちらの開発に手を取られる事がなく、わずかながらミシュラン勢だったチームよりは開発力がシャーシの進化につぎ込めるはずです。

トヨタが次戦マレーシア以降でいきなりBシャーシは無理でも開発進化ができていないと今回のリザルトを維持するのが精一杯になってしまうでしょう。

ちなみに、そういう飛び道具みたいなのは(トヨタは)マレーシアではないそうです。
セットアップ勝負になるのでしょうが、頑張ってほしいと思います。

最後にトヨタはご存知のとおり自動車生産世界第二位の会社になりました。
多分、もうすぐGMを抜いて第一位の会社になるでしょう。

もうトヨタは日本の会社ではないのです。グローバルカンパニーなのです。
その資金力で開発したインディレーシングリーグの伝統の1戦「インディ500マイル」では、予定より1年前倒しで優勝し、2000年にF1に進出して来ました。

そして今年は買取をした「富士スピードウェイ」での異例の速さの日本グランプリ呼び込みに成功しました。

個人的見解では、相当な額がトヨタからバーニー・エクレストンに流れたのではないかと思っています。(それが悪いとは思いません。むしろ私は早くFSWで開催されないかと昔から思っていた派。。。そんな派閥があるのか知りませんが。。。です。)

「君が代」が流れる表彰式は気持ちがいいです。1度ホンダが実現してくれました。
今度はトヨタが実現してほしいです。

それを考えるとやはりトヨタは日本の会社なのです。
トヨタがF1に参入して来てから、日本グランプリはチケットが買えないぐらいに観客が増えたと思います。数字はわかっていませんが、自分がかよった感覚でわかります。
(この件に関しては次回詳しく書きたいと思います)
そして、関東圏での開催。どれだけ、観客が増えるのでしょうか?

将来はお台場公道サーキットを実現してほしいと思います。
その前にまずトヨタには常勝チームになってもらわないと格好がつきません。
頑張れ!ニッポン!頑張れ!トヨタ!
posted by ティフォジ at 00:00| トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。