2007年11月05日

アロンソ、ルノーに移籍

先週末に故郷のスペイン・オビエドへ赴き、熱心に応援してくれた母国のファンたちに感謝を表したマクラーレンのフェルナンド・アロンソは、地元メディアに対し、来年はマクラーレンとの契約を順守するのか、それともライバルチームに移籍することになるのかについてはまだ保留だと語っていました。

alonso2007F1.jpg
F1-Live.com"Fight! Alonso"

また移籍が有力視されてきたルノーの代表であるフラビオ・ブリアトーレはブラジルへ飛んだようです。その理由とはヒスパニック系のスポンサーと話し合いを行うためであり、スペイン人のアロンソが再びルノーへ復帰することを念頭に置いたものであるということができそうです。

アロンソのマネジャーであるガルシア・アバドは『アス・ディアリオ』紙に対し、
「フェルナンドは今後マクラーレンと決別することになるだろう。私としてはその事実を認めるよ。フェルナンドは来年の契約を、どのチームとも結ぶことができる状況だ」
とコメントしていました。

一方、フェラーリの親会社であるFIATのルカ・モンテゼモーロはこれまで同様、アロンソをマラネロに招きいれ、跳ね馬に乗せることは将来的にもプランに入っていないことを強調した。アロンソの2008年の活動について質問されたモンテゼモーロは「その質問に答えるつもりはないし、特に話すこともない」とバッサリでした。

また、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)は先週末に報道陣に対し、「アロンソがマクラーレンにとどまろうが離脱しようが、僕らには特に関係ないね」と語りました。

そんな中マクラーレン・メルセデスは、2008年はアロンソが同チームでレースをしないことを正式に発表しました。

alonso2007-2F1.jpg
F1-Live.com"Worry! Alonso"

ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのプレスリリース

「僕は子供のころからいつもマクラーレンをドライブしたいと思っていた。でも、ときに人生は上手くいかないものなんだ」と、アロンソは公式発表の中で述べました。

「マクラーレンが素晴らしいチームだと信じ続けているよ。シーズン中はアップダウンがあったのは確かだし、それが僕たちにとって余計な挑戦になってしまった。本当に居心地がよく感じられなかったのも事実だよ。チーム内にえこひいきがあるのはわかっていたし、戦いの真っ最中にみんながあれこれ言っていたのもわかっていたよ。でも、結局は常に勝つチャンスを平等に与えられていたと思うんだ。今日の決断でみんなが2008年に集中できるようになった。今シーズンに一緒に働いてきたチームやボーダフォン、サンタンデール、ムトゥアマドリレーナなど全てのチームパートナーに素晴らしい将来がくることを願っているよ。」

ロン・デニスはアロンソの幸運を願っている。
「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスの全員、特にマクラーレンのパートナーであるサンタンデールやムトゥアマドリレーナ、タイトルスポンサーのボーダフォンはフェルナンドの素晴らしい将来を願っている。彼は最高のドライバーだが、ある理由によりボーダフォン・マクラーレン・メルセデスとフェルナンドとの関係が上手くいかず、最終的には前進する道を見つけることができなかった。我々は別々の道を歩むというこの決断が最高だと信じており、今後は2008年のワールドチャンピオンシップの挑戦に向けて集中していくことになるだろう」

彼はルノーに戻ることが予想されています。チーム代表のフラビオ・ブリアトーレはアロンソ復帰を心から願っていることを公の場で明らかにしています。

alonso2007-3GP.jpg
GPupdate.net"Glad to Alonso"

ブリアトーレは近々全てが明らかになることを期待しています。彼はガゼッタ・デロ・スポルトに対して次のように語りました。
「数日中に何が起きるか見守ってみよう。私はフェルナンドが我々のチームで将来を過ごす計画を提案したんだ。彼は2008年に我々とレースをすることを望んでいるからね」

ブリアトーレはチームが1シーズン限りの契約を望んでいないことも明らかにしました。「アロンソと1シーズン限りの契約を結ぶことは理にかなっていない。彼には長期間の契約を提案したよ」

ルノーはアロンソとの3年契約を望んでいるようです。これでアロンソがルノーに収まれば、混乱していた各チームのシート争いが決まってくるでしょう。というより、これからが本当のシート争いの始まり
なのかもしれません。
posted by ティフォジ at 15:37| F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

ホンダ「グリーン・アワード」を受賞

地球環境保全に貢献した関係者を表彰するグリーン・アワードは,今シーズンの受賞対象者として「ホンダF1」を選定し、表彰式を行いました。

ホンダは今シーズンのレースで「My Earth Dream」キャンペーンを展開し、スポンサーロゴを一切つけないアース・カラーのマシンで環境保護を訴えていました。

HONDA2007LGP.jpg
GPupdate.net"My Earth Dream"

スポンサーロゴを一切つけないカラーリングのF1マシンがレースを走るのは1980年代ジョンプレイヤースペシャルのロゴを付け始めて以来約30年近いお付き合いだった訳ですが、単にタバコロゴを止めただけでなく一切のスポンサーを排除し、環境問題を提起したところにその評価がなされたのではないでしょうか。

この活動がノミネートされ、マークス&スペンサーとプロクター&ギャンブルとの激しい争いに勝ってベストPR賞を受賞しました。

ホンダはさらに、他の18の団体とともに最高の賞であるグランプリへと進み、その賞を勝ち取ったのです。

ホンダの環境への取り組みはF1だけに留まらず、通常のCMやPR活動にも広がりがあり、その辺りの評価もされたのではないでしょうか。

ホンダF1チームのCEOのニック・フライは、次のように語りました。

「ホンダの活動が認められて、2007年緑の賞を受賞できたのは素晴らしいことだ。優れたマーケティング活動を通して環境保護に力を注いできた、素晴らしい団体とともにここに受賞することを嬉しく思う。我々の「マイアースドリーム」活動の目的は、世界的に広がるF1を利用して、世界中の人々の環境問題に対する関心を集め、環境問題に関する議論を巻き起こすことだ。そして我々は1年目にしてその目標を達成することができたんだ」

HONDA2007-TGP.jpg
GPupdate.net"トランスポーター"

しかし、チームが2008年も今年のグリーンのカラーを引き続き使用するかどうかはまだ決まっていません。
だって、あのカラーリングには賛否両論ありましたからね・・・。
posted by ティフォジ at 18:49| ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

マクラーレンはここにも触手を!

マクラーレンメルセデスの代表ロン・デニスはアロンソの空きそうそうな穴を必死に埋めようとしている事は確かです。

ウィリアムズF1チーム代表のフランク・ウィリアムズは、デニスと話し合いを持ちました。内容は、来年のマクラーレンMP4−23にロズベルグを乗せるなというものでした。

ウィリアムズは、
「デニスは試す必要もない。ロズベルグは渡さない」
と、ドイツの雑誌に語りました。

このウィリアムズの発言は、10月25日(木)付けのドイツ紙で、チームとの関係が上手くいっていないアロンソの契約がまだ残っているのにもかかわらず、メルセデスのノルベルト・ハウグが「マクラーレンの2008年のドライバーラインアップはまだ決まっていない。現在協議中だ」と発言したことを受けたものなのです。

ウィリアムズはさらにブラジルGPが行われた先月末、ドイツの放送局で「ロズベルグは非常に印象的なドライバーだ。この2年間、我々を驚かせてくれた」と語りました。

一方、ロズベルグはインテルラゴスでのマクラーレンに関する噂にうんざりしているようで、「僕は今のポジションに満足している。チームと共に成長できる機会があるからね」と語っています。

rosberg1021F1.jpg
F1Live.com"Rosberg"

ブラジルGPでは自己ベストの4位で今シーズンの最後を締めくくったロズベルグは、
「最後のレースをこういう結果で締めくくったのは最高だ。来年の目標はBMWにもっと追いつくことだ」
とも話していました。

マクラーレンがどれくらい本気でロズベルグ獲得に乗り出しているのかはわかりませんが、少なくともウィリアムズ側はそれをよく思っていない事だけは確かの様です。
posted by ティフォジ at 14:44| F1ドライバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。