2007年10月30日

10年間のエンジン凍結を決定

FIAのモータースポーツ部門である世界モータースポーツ評議会(WMSC)は24日にフランス・パリのFIA本部で、F1エンジン開発を10年間凍結するというレギュレーションを導入することを決めたと発表しました。

FIA1026GP.jpg
GPupdate.net"FIA"

報道によると、FIA会長のマックス・モズレーは、現在F1に参戦している6つの自動車メーカー(マニュファクチャラー)が代替案として提出した将来のエンジンレギュレーションの受け入れを拒否した模様なのです。

マニュファクチャラー側は、2010年から数年にわたって675馬力を発生するエンジンを4レースで使用し、エネルギー回生によって得られた力を“ブーストボタン”を設けることによって生かすことを望んでいたようです。

しかしモズレーはその案の受け入れを拒絶しました。理由としては、自動車メーカー側が1年につき1,000万ユーロ(約16億円)でカスタマーエンジンを他チームに供給するという案に賛成しなかったからということのようなのです。

FIAは24日に「2008年からは10年間にわたり、エンジン開発は基本的に凍結されることになるだろう」との声明を発表しました。

さらにその声明は
「5年後には変更が許されるが、利害関係者の満場一致での同意が得られる場合のみとし、2年間の通知期間のあとでないとならない。全面的凍結は、現行のレギュレーションに従ってエンジンの全てのパーツの開発について例外がないことを意味している」
と続いています。

上記とは関係なくFIAは、フェラーリが2008年と2009年に2つの異なったチームに対してエンジンを供給することも発表されました。そのチームとは現在もフェラーリを搭載しているスクーデリア・トロ・ロッソとスパイカー(2008年からはフォース・インディア)のことです。

このような長期間、かつ強引なエンジン凍結は多くのマニュファクチャラーから批判が出ると予想されます。

一方、FIA側から見れば、元々カスタマーエンジンの供給額で売られた喧嘩を買って出たといったところなのでしょう。

エンジンの貸借額で、チームコストを変えようとする縛り方が、マニュファクチャラー達に火を点けてしまったようなのですが、私のような一ファンの目から見たら、チーム間格差が少なくなる可能性を秘めているレギュレーションの改訂はレースが面白くなるので歓迎です。

HondaRA807E.jpg
SuperAguri.com"HONDA RA807E"

ここから茶飲み話になっちゃいますが・・・。
しかし、フェラーリファンの目から見るとフェラーリが危うくなるのでドキドキします。考えてみれば、GP2から始まって2つのチームもしかり、フェラーリはこのレギュレーション改訂に順応できるように触手を伸ばしているともいえるのでしょうか。

メルセデス、BMW、ルノー、トヨタ、ホンダとで供給合戦が勃発するかもしれませんね。それとも逆になるべく動かさないようになっちゃうのかもしれませんね。

とにかく、もしかするとグルーブドタイヤ以来の大改革になるのかもしれませんね。各チームはタイヤも結局は関係ないくらいのシャーシ改造をして来るのでエンジンも同じかな??
posted by ティフォジ at 09:15| F1マシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ロンドンGP開催?

F1の首領(ドン)であり、イギリス人であるバーニー・エクレストンは(イギリスでの)ロンドンGPの計画検討はまだ終わっていないと語りました。しかし、これはエクレストン個人の考えであることも併せて明らかにしました。

2004年7月にロンドンの街でも一番賑わいのある場所であり、ピカデリー・サーカスから見る景色が一番美しいと言われる”リージェント・ストリート”でデモンストレーションランが行われました。

LONDON.jpg
ryoko.info."ロンドン/リージェント・ストリート"

その際に持ち上がったのがリージェント・ストリートを公道サーキットに改造しての”ロンドン・グランプリ”です。

素晴らしいデモンストレーションを見せた後、エクレストンは大ロンドン市長のケン・リビングストン氏と会談しました。その時、エクレストンは今のままでは、ロンドンの公道でグランプリが行われる可能性を否定しました。

demorun0706GP.jpg
GPupdate.net"デモンストレーションラン"

「金がかかりすぎるよ」とエクレストンはロンドンGPの可能性について語りました。

「あまりにも多くのことをしなければならない。(ロンドン)市街は6週間にわたって大騒ぎになるだろうね。いい考えだとは思うが、不可能だよ」

エクレストンはリビングストン市長がこのアイディアに強い興味を示していたことを認めましたが、このプロジェクトを遂行するのに十分な資金援助が得られませんでした。

「彼はある程度は喜んで援助をすると言ったよ。しかし、彼らが援助できる金額は、この企画を実行するにはほど遠い金額だったんだ」
と、エクレストンは締め括りました。

ロンドンの街をレーストラックに変える費用は高すぎる為に計画を進めることが困難だと考えられていました。

しかし、今月になって、(イギリス人である)エクレストンは、シルバーストンに改善の必要を迫っている資金が工面できればロンドンGP開催も夢ではないと語りました。

ecclestone1027.jpg
GPupdate.net"Ecclestone"

「もしそれができれば素晴らしいだろう」
と、彼はイブニングスタンダード紙に語りました。

「この考えは暗礁に乗り上げたわけではないよ」

つまりロンドンGPは夢ではないということです。
モナコGP、シンガポールGPなどに続いてまた公道サーキットが増え、環境問題などはあるでしょうが、人口サーキットの多い現状から鑑みますと楽しみがまたひとつ増えますね。

お台場サーキットもあるし、エクレストンには頭の痛い話が次々とやってきます。公道サーキットが夢に出て来るのではないでしょうか?

しかし、リビングストン市長や石原都知事にとっては頭が痛くて夢に出るのではなく、”子供達やファンのドリーム”として夢が叶うことを願っているのではないでしょうか。
posted by ティフォジ at 15:19| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

2008年カレンダー正式発表

21年ぶりの三つ巴対決を繰り広げ、劇的大逆転劇を展開して、とてもエキサイティングなシーズンになった2007年フォーミュラワンワールドチャンピオンシップでした。

F1Start2007GP.jpg
GPupdate.net"2007 Formula 1 World Championship"

ブラジルでの興奮冷めやらぬ中、24日に、フランス・パリのFIA本部で世界モータースポーツ評議会(WMSC)の会合が行われ、2008年F1世界選手権の正式カレンダーが発表されました。

カレンダーによれば、開幕戦は3月、最終戦は11月となります。またレースは全18戦で、2007年と比較すると1戦増加することになりました。

また、カレンダーからはアメリカGPがなくなり、北米ラウンドとして開催されるのはカナダGPただ1戦のみとなってしまいます。

ヨーロッパラウンドの最初のレースは4月27日にスペインの”サーキット・デ・カタルニヤ”で行われるスペインGPとなります。

来年からはスペインで2レースが開催されることが正式決定しました。
スペインで行われる2つ目のレースは、正式にはヨーロッパGPと呼ばれ、8月24日にヴァレンシア市街地コースで開催されます。

そして、懸案だったシンガポールGPも正式にカレンダー入りし、日本、中国の極東ラウンドの前の9月28日に決定しました。このシンガポールGPは1950年に発足したF1世界選手権史上初のナイトレースとして開催されることになっています。

また、ニュルブルクリンクとホッケンハイムで隔年開催となっているドイツGP(2007年はニュルブルクリンクでのヨーロッパGPだった)は、2008年はホッケンハイムでの開催を予定しております。

さらに、これまでシーズン後半に位置していたトルコGPが5月11日に移動しました。

そして今年、観客輸送問題などで、初開催に汚点を残してしまった富士スピードウェイでの日本GPは10月12日に開催されます。今年の汚名を挽回できるでしょうか。トヨタさん頑張って下さい。

FIABanner2007GP.jpg
GPupdate"FIA's Banner"

2008・FIA・フォーミュラワン
ワールドチャンピオンシップカレンダー

・日程・・/グランプリ名(開催地)
3月16日/オーストラリア(メルボルン)
3月23日/マレーシア(セパン)
4月06日/バーレーン(サキール)
4月27日/スペイン(バルセロナ)
5月11日/トルコ(イスタンブール)
5月25日/モナコ(モンテカルロ)
6月08日/カナダ(モントリオール)
6月22日/フランス(マニクール)
7月06日/イギリス(シルバーストーン)
7月20日/ドイツ(ホッケンハイム)
8月03日/ハンガリー(プダペスト)
8月24日/ヨーロッパ(バレンシア)
9月07日/ベルギー(スパ・フランコルシャン)
9月14日/イタリア(モンツァ)
9月28日/シンガポール(公道ナイトレース)
10月12日/日本(富士)
10月19日/中国(上海)
11月02日/ブラジル(サンパウロ)
posted by ティフォジ at 14:13| HUGO BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。